注目の記事 PICK UP!

ハンドメイドで使う素材あれこれ

ハンドメイドで使う素材

ハンドメイドと一口に言ってもたくさんの種類があり、使う素材も数えきれないほどの種類があります。その中でもよく使われる素材について書いていきます。

レザークラフトの際に使う革は本革と言って動物の表皮を鞣して作られた皮革と人工的に作られた合皮とがあります。耐久性では圧倒的に本革の方が長持ちしますが、安価で手軽に手にすることができて色や模様、型押しなど合皮は種類が豊富なので作るものによっては合皮で作ると面白いものが作れます。

布には多くの種類があります。基本的な種類は綿や麻などの天然素材の生地とポリエステルやポリウレタン、ナイロンなどの化学繊維でできた生地とに分かれます。天然素材に化学繊維を混ぜて作られた混合のものもあります。

また、細かい種類となると糸の織り方や織る糸の太さなどによってさまざまな呼び名があります。洋服を作る際にはローンやブロードがよく使われます。混合のブロードは綿のみの生地に比べてしわが寄りにくいのが特徴です。財布や巾着などの小物を作るときにはやや厚めのシーチング生地を使うと良いでしょう。舞台用の衣装を作るときにはサテンやオーガンジー、チュールなどを使います。

糸には用途によって手縫い用の糸からミシン糸、刺繍糸や仮縫い用のしつけ糸などがあります。素材については絹糸、リネンの糸、綿の糸、ポリエステルの糸と種類も豊富です。絹糸は光沢があり切れにくいのが特徴です。ミシンで縫う場合は生地の種類によっても使い分けますが、大抵はポリエステルの糸が多く使われています。ミシン糸は縫う作品の色に合わせて糸の色を選んでいきますが、柄の生地の場合は1番多く使われている色を選ぶと間違いがありません。デニム生地を縫うときのようにわざと反対色を選んで縫い目を目立たせるデザインにしてもいいですね。

レース

レースはテープ状になったレース以外にもチュールレースといって結婚式のドレスや小物などを作るときに使われるレースで、単体になったものを縫い付けて使います。生地状になったレースは洋服を作るときやカーテンを作るときに使ったりもします。レースモチーフは小さく編まれたパーツとしてのレースで活用次第でアクセサリーが作れたり、作品を飾ったりと幅広く使えます。

ラインストーン

デコアートに欠かせない素材のラインストーンはラインストーン用の接着剤を使って貼り付けていきます。ラインストーンの裏にはホイールが貼ってあるので光が反射して美しいきらめきがあります。特にスワロフスキー社のラインストーンは宝石のような眩い輝きを持っています。カットもいくつも種類があり、1つの色にも彩度や明度の違いで多くの色が揃っています。

紙バンド

ハンドメイドで人気がある紙バンドのバッグ作りは12本の紙ひもを貼り合わせて作られている紙バンドを使って作ります。カラフルな色が揃っていて、自分好みのバッグを手作りすることができます。色のデザインもマルチカラーからストライプ状のものなど単色のものと一緒に使って面白味のある作品が作れます。紙バンドは紙ひもを裂いて使えるので、6本に分けて飾り用に使ったり、人形のバッグなども手作りできます。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. チェーン

    チェーンの基礎知識と使い方

  2. handemade

    初めてさん歓迎♪型紙いらずの超簡単まっすぐソーイング!

  3. handemade

    今話題!100均で作れるワイヤーリングとワイヤーバスケットの作り方

  4. handemade

    カルトナージュの手法を使って牛乳パックを再利用!おしゃれなふたつき小箱を作ろう

  5. handemade

    スマートフォンケース

  6. handemade

    首都圏に負けない!関西圏の個性的なイベントをピックアップ!

  7. handemade

    余った布で作りたい小物作品の作り方

  8. handemade

    接着剤を使い分けて簡単ハンドメイド

  9. handemade

    とんぼ玉