注目の記事 PICK UP!

ハンドメイドで作れる素敵なのれんの作り方

糸

素敵なのれんを手作りしよう

目隠しや間仕切りとして使えるのれんをハンドメイドしてみましょう。手作りすれば好きな素材を使って思い通りにデザインできるので、市販のものよりもお部屋にしっくりと馴染む素敵なのれんに仕上がりますよ。

フェルトボールをつるして作る

フェルトボールを使ったのれんは目隠しというよりもむしろインテリアとしての要素が強いので部屋をおしゃれに見せてくれます。程よくPOPな雰囲気で扉のこちらと向こう側を仕切ってくれるので、見えてもOKだけれど何か寂しいなといった場所に設置すると良いでしょう。

フェルトボールを好みの大きさで作って、糸に通していくだけで作れるので簡単です。あとは帯状の布で作った糸を挟むようにして縫い付けるだけ完成します。つっぱり棒などの棒を通して掛けたい場合は棒が通るように筒状になる部分のサイズを考慮して布のサイズを決めると良いでしょう。

花型にレースを編んでつるす

レース糸で花形に編んでレースモチーフをいくつも作ってそれを繋げてつるしていくと素敵なのれんになります。フェルトボールののれんと同様にインテリア感覚で下げるのれんになりますから、目隠しとしての役目はあまりありませんが程よい間仕切りとして使うと素敵です。

レースは柔らかいのでつるすと形が崩れてしまう恐れがあるので、レジンを使って固めたり、木工用ボンドを水で薄めてボンド液に浸けて乾かしたものを下げると型崩れしません。もしくは硬さのある毛糸で編んで作る方法もあります。太さのある毛糸やアクリルの毛糸などは張りを保てるので編んだモチーフがくったりとなってしまう心配がありません。

お気に入りの布で作ってみよう!

のれんと言えばやはり布で作るのれんが一般的でしょう。お気に入りの布を使って作ってみてください。

用意する物
・お好きな布
・ハサミ
・アイロン
・棒(のれんを掛けるためのもの)

作り方
1.布を作りたいサイズの半分を元に左右と下に縫い代2cmを上にのれんを掛けるための棒が通るサイズに縫い代1cmをプラスして2枚切り出します。

2.左右と下の縫い代2cmを1cmの3つ折りにしてアイロンをかけます。

3.のれんの左右を途中まで縫い合わせるので、3つ折りにした部分を1つ開いて2つ折りの状態にしたら中表で合わせて上からおよそ35cmくらいのアイロンがかかっている線を縫い合わせれば良いでしょう。作りたいサイズに合わせてのれんをくぐりやすいように調整してください。

4.縫い合わせたら縫い代を3つ折りに戻して両端と下をミシンがけします。

5.最後に上部の縫い代1cmにアイロンをかけてから棒が通るサイズで布を折って縫い合わせれば完成です。

麻布を染めてみよう

のれんの布を自分で染めてみるのもハンドメイドならではの楽しみ方です。染色用の薬剤を使って染めるのも楽しいですが、草木染と言って自然のもので染色する方法もあります。自然のものを使うと優しい色合いが出るのでのれんにするとフッと心が和む素敵なのれんが作れます。

材料とするのは玉ねぎの皮や栗の皮などの植物の皮やヨモギやハーブ、桜の枝などです。これらを使って染めるための染液を作ります。それぞれ色止めのためのミョウバンや鉄などを使ってしっかりと自然の色を麻布に定着させ、洗って乾燥させれば優しい色合いの布になります。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    ハンドメイドできるキーホルダーの作り方

  2. handemade

    100均のスエード調ひもが主役!簡単四つ編みブレスレットの作り方

  3. ハンドメイドで木工雑貨を作ってみよう!

  4. 手縫いでちくちく作るハンドメイド作品

  5. handemade

    ハンドメイド作品を作ろう!クラフトハンドメイドマイスター認定試験の口コミや評判

  6. handemade

    初心者も簡単!手作りアクセサリーの作り方

  7. handemade

    どこにでもある材料で作れる個性豊かなオリジナルのストラップ

  8. 簡単に作れるハンドメイドバッグでお出かけしよう

  9. クラフト

    ハンドメイド作品を贈るときに使えるおしゃれな包装のアイデア

ハンドメイド資格講座ランキング