注目の記事 PICK UP!

ハンドメイドでバッグを作るときに使うさまざまな持ち手

ハンドメイドでバッグを作るには

ハンドメイドでバッグを手作りするには持ち手を自分で作ってもいいですが、市販の持ち手を使うと簡単に見栄えよく作ることができ便利です。では市販の持ち手や持ち手に利用できる紐にはどんなものがあるのか見ていくことにしましょう。

持ち手の種類

持ち手にはいろいろな種類があります。作りたいバッグの雰囲気に合わせて使い分けたいですね。

・革の持ち手
筒状になった革の持ち手の端は縫い穴が開けてあり、手縫いでバッグに縫い付けて作ります。縫い付けるタイプの革の持ち手には帯状の形そのものもあります。カシメで取り付けたり、飾り縫いをしたり、対角線状に縫って強度を出したりして取り付けます。

・テープ
手芸用のテープにはアクリルテープや綿テープなどがあります。風合いが良いのは綿テープですが、アクリルテープには強度があり、切り端をライターなどで炙っておけばほつれる心配ものなく扱いやすいのが特徴です。テープだけでは物足りなく感じる場合はレーステープやチロルテープを縫い付けると個性が出ます。他にも革を細く切って縫い付けるとテープに高級な雰囲気が出ます。

・ナスカン付きの持ち手
ナスカンの付いた持ち手を使う場合はDカンをテープや革の帯を使ってバッグに取り付けてそこにかけて使います。

・ロープ紐
ロープ紐はマリンテイストのバッグを作るのによく合います。ロープ紐をバッグに取り付ける場合にはハトメを使って取り付けるので、ハトメパンチやハトメ金具を用意しましょう。

・木製の持ち手
木をくり抜いて持ち手にしてあるものはバッグを下に開けてある穴に生地を通して縫い付けます。ナチュラルな風合いのバッグができあがります。

組み合せたい生地

さまざまな種類の持ち手と組み合わせたい生地の種類についてご紹介します。

・ストライプの帆布生地×ロープ紐
ストライプ生地とロープ紐を組み合せればマリンテイストのハンドメイドバッグを作ることができます。帆布生地は丈夫なので使い勝手も良いです。

・デニム生地×帯状の革の持ち手
デニム生地には革の持ち手がよく合います。特に帯状になった平らな持ち手を使うとシンプルでおしゃれな仕上がりになります。

・ツイード生地×チェーン
毛糸を織って作られたツイード生地はスーツの生地にもなるような高級感のある生地なので大ぶりのチェーンを合わせると上品な仕上がりになります。チェーンにリボンを通して持ちやすくします。

・スエード×ツメ式ハトメ持ち手
スエードの滑らかな風合いにハトメの持ち手を取り付けて作ったら都会的なスマートでおしゃれなバッグを作ることができます。

まとめ

革の持ち手や布の持ち手は自身でハンドメイドすることもできますし、簡単に作りたいならテープを縫い付けるだけでも作れます。生地と持ち手の組み合わせ方にもさまざまなものがあり、持ち手を変えるだけでかっちりとした仕上がりにもソフトな仕上がりにもなります。市販の革の持ち手を使えば手軽に高級感のあるバッグが作れますし、バッグをハンドメイドすれば、好きな色や生地、形が選べるので手持ちの洋服に合わせたおしゃれの一部としてバッグを作ることもできます。ぜひすてきな持ち手と出会ったらよく合う生地を選んでハンドメイドしてみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    大好きな花をいつも手元に 100均レジンでスマホケースを押し花デコ

  2. 関西のハンドメイドイベント

  3. handemade

    マスキングテープ

  4. ハンドメイドでワンポイントのおしゃれ小物を作る

  5. トレーナーをステンシルやスタンプでハンドメイドデザインする

  6. 糸

    行事ごとに欠かせないルームシューズをハンドメイドしてみよう

  7. handemade

    少し手の込んだバックの作り方をご紹介

  8. 糸

    ハンドメイドでフリルたっぷりの子供のスカートを作ろう

  9. handemade

    かわいい小物作品の作り方をご紹介

ハンドメイド資格講座ランキング