注目の記事 PICK UP!

ネットでハンドメイドを販売したい!売れるための3つのコツ

手作り

ハンドメイドのアクセサリーやバッグなどを販売したいと思っている人も多いのではないでしょうか。しかしハンドメイド作品を実際に販売してみると、思うように売れないということも珍しくありません。ここ数年ネットでもハンドメイド作品を気軽に販売することができるようになったこともあり、ハンドメイド作品であふれています。たくさんある商品の中から自分の作品を見てもらうためには、ちょっとしたコツが必要です。今回は、ネットでハンドメイド作品を販売するときの3つのコツを紹介します。

販売価格を適切に設定しよう

まずハンドメイド作品を販売するときに悩むのが価格設定です。材料費や手間などを考えて作品に値段をつけることが多いですが、主観で値段設定をするのはNGです。出品するサイトで自分の作品と似たようなカテゴリーの作品を検索し、販売価格をリサーチすることが一つ目のコツです。価格が高すぎるとほかの人の作品に埋もれてしまいますし、反対に安すぎると「粗悪なハンドメイド作品なのでは?」と思われてしまいます。初めてハンドメイド作品を販売する場合は、相場の価格よりもやや安めの設定にして多くの人の目に留まるように工夫しましょう。

ハンドメイド作品は明るめに撮るのがコツ

次に重要になるのが出品欄に乗せるハンドメイド作品の写真撮影です。売れ筋のハンドメイド作品の画像はどれも綺麗でおしゃれなものが多いこともポイントです。白い背景に自然光が当たるような場所で撮影することで、ハンドメイド作品をより素敵に見せることができます。小物使いも重要です。ハンドメイド作品の雰囲気に合わせてグリーンやフラワーを使ったり、フォトフレームやグラス、レースなどのアイテムをプラスしたりと、様々な工夫をしてみてください。また、最近のスマホは画像の加工もとても簡単になりました。撮影済みの画像でも簡単に明るさや色調を調整することができるためとても便利です。しかしあまり画像を加工しすぎると実物と色味が変わってくることもあるので、なるべく自然光で撮影して加工をしないようにしましょう。

パッケージにもこだわりを詰め込もう

ハンドメイド作品の販売は、購入者の手元の届いて初めて成立します。「ネット上ではとても素敵な作品だったのに、実際に手に取ってみたらイメージと違った」ということのないようにしたいものです。それにはハンドメイド作品のパッケージにもこだわることもひとつのコツです。袋や台紙など、コンセプトに沿ったデザインのものを使用してもいいですね。大きな作品に関しては、商品タグにこだわりを詰め込むこともおすすめです。パッケージやタグにこだわるだけでクオリティーが上がり、顧客満足度もアップします。

楽しみながらハンドメイド作品を販売しよう

ハンドメイド作品が売れた時の喜びは計り知れないもので、癖になってしまうという人も少なくありません。今回紹介した3つのコツのほかにも、自己紹介欄や商品説明欄を充実させたり売れ筋商品をリサーチしたりして、売り上げにつながる販売をしましょう。フリマアプリなどを使えば気軽に販売することも可能です。作ることを楽しみながらハンドメイド作品の販売に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    見た目にも肌にも優しい?羊毛をまとったフェルトソープを手作りする方法

  2. 子どもに人気のハンドメイド

    子どもに人気のハンドメイド作品の作り方

  3. handemade

    100均で材料が揃う!がまぐち口金を使った財布の作り方

  4. 女子に人気アクセサリー

    100均ジェリーボールでぷるぷるファンタジックな芳香剤作り

  5. handemade

    楽しくリサイクル♪いろんな素材を再利用したバッグの作り方

  6. handemade

    イベント会場で役に立つ!簡単お役立ちグッズを作ってみよう♪

  7. handemade

    ハンドメイド作品の販売、気になる収入はいくらぐらい?

  8. handemade

    個性あふれるイベントがいっぱい!埼玉県のハンドメイドイベントをご紹介します♪

  9. 接着剤

    コサージュをハンドメイドしてみよう