注目の記事 PICK UP!

ツッパリ棒を使って簡単ハンドメイド布カーテン

handemade

カーテンってホームセンターで売っているものからインテリアショップで売っているものまで、デザインやコストの幅が広いですよね。

部屋の雰囲気にあったお気に入りのカーテンを見つけるのはとっても難しい。

そこで!布カーテンの作り方を紹介します。

長方形の布の端を直線縫いするだけなので、ミシンがあればすぐに作れちゃいます。

ミシン初心者でも大丈夫!直線縫いでハンドメイド布カーテン

【用意するもの】

・ツッパリ棒(ミニインテリアポール)

・布生地(購入する前に窓の大きさを測って、必要な生地分量メモしておく)

【作り方】

?生地の両端を1cm折り込んで直線縫いする。

?生地の下部分も1cm折り込んで直線縫いする。

?生地の上部分に通し穴を作る。ツッパリ棒が通るよう、余裕をもたせて直線縫いする。

?完成したカーテンをツッパリ棒に通して窓にはめる。

【ポイント】

1cm折り込むことによって後々洗濯する際、糸がほつれず長持ちする。

もう一工夫

理想の布カーテンを作るためのもう一手間を紹介します。

・刺繍する。

広範囲に手縫いで刺繍するのはかなりの時間がかかってしまいます。時間をかけて作品のようにチクチク縫うのもいいですが、あまり時間がないという方にはミシン刺繍がオススメです。ミシンのステッチ幅や糸の太さを変えながらボーダーやストライプに刺繍していきます。技術がある方は、渦や三角など模様を刺繍しても素敵です。コンピューターミシンをお持ちの方は、色んな種類のステッチをかけられるので、ステッチを変えながら、絵を描くように刺繍していきましょう。

ミシンで刺繍した後に、手刺繍を施せばボリュームが上がります。

・ビーズを縫い付ける。

数箇所にポツポツと縫いとめるだけで華やかになります。ラインストーン風の輝くビーズを縫い付けるのもお勧めです。

・染める。

市販の染め粉を使って染色します。染め粉はホームセンターや手芸店で販売されています。染め上げた後に、定着液につけて一度洗濯するとその後の色落ちが防げます。カーテンの下部分だけグラデショーン染めするのも雰囲気が出てお勧めです。

・生地をパッチワークする。

カーテンのような大きな生地を購入するには少しコストがかかります。手持ちの生地で作りたいけど大きさが足りないという方は、生地と生地をつなぎ合わせるパッチワークにチャレンジしてみましょう。糸ほつれを気にしなければ、ただ単に生地の端と生地の端を直線縫いするだけでOK!糸ほつれをなくしたいという方は生地の両端を1cm折り込んで縫い込み、ほつれ止めをした後につなぎ合わしましょう。つなぎ合わした後にロックミシンをかける方法もあります。

まとめ

市販の物を購入するより低コストで作れるので、シーズンに合わせて何種類か作ってしまうのもオススメです。

高級インテリアブランドのカーテンは高いですが、ブランドの布を購入して自分でハンドメイドすることで安く作れます。

ミシンも直線縫いでとても簡単なのでお持ちの方は是非チェレンジしてみてください。

ミシンをお持ちでない方は、ツッパリ棒と一緒にカーテンクリップを購入してください。生地を挟むだけで布カーテンの完成です。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    イベントに合わせてお部屋を簡単デコレーション!空間に揺らめく紙のモビール

  2. handemade

    不思議に心安らぐ形♪ナチュラルインテリアにぴったりの手作りドリームキャッチャー

  3. handemade

    キッチン雑貨も簡単に手作りしちゃおう

  4. handemade

    簡単に作れるハギレを活かした小物たち

  5. handemade

    腕時計パーツを使って手作りの腕時計を作ってみよう

  6. handemade

    簡単アクセサリーを手作りして自分好みの装いを

  7. handemade

    初めてさん歓迎♪型紙いらずの超簡単まっすぐソーイング!

  8. handemade

    手作り・ハンドメイドに便利な商品特集

  9. handemade

    アイデア次第で作品がプロ仕様になるタグの作り方

ハンドメイド資格講座ランキング