注目の記事 PICK UP!

マカロンケースを100均材料で作る方法とフェルトボールコースター

フェルトボールの作り方

スイーツの中でもとってもキュートな姿のマカロン。マカロンケースは、そんなマカロンそっくりの形に、布で作ったちっちゃなポーチです。バッグに吊るせばアクセントにもなり、小さなものをちょこっと収納するのにも便利です。コロンとしたマカロン風の形に魅せられたら、ケースを自分で手作りしてみませんか?まるっこくて立体的なマカロンケースを手作りするには、専用のキットが必要なのでは?と思いがちですが、100円ショップのアイテムを使っても作れるんですよ。マカロンケースの作り方をご紹介します。

手芸アイテムが充実している100円ショップ。何か新しいことを始めてみたいなというときにも、そんな手芸アイテムを使えば、手軽にチャレンジできるから嬉しいですね。その中でも、かわいらしいマスコットやアクセサリーが作れる羊毛フェルトは人気です。やってみたいけれど難しそう、と感じているなら、まずは簡単なフェルトボールの形から挑戦してみませんか。ここでは、フェルトボールコースターの作り方を見ていきましょう。

マカロンケースの手作りに必要なもの

・表側の布 直径6センチの円2枚
・内側の布 直径5センチの円2枚
・表側用のキルト芯 直径3.8センチの円2枚
・内側用のキルト芯 直径3.5センチの円2枚
・ファスナー 10センチ
・くるみボタン 35ミリサイズ2個
・針
・糸
・リボン 少し
・ボールチェーンなど

マカロンケースの型の基礎となるのが、くるみボタン。100円ショップのくるみボタン用の材料が利用できます。

かわいいマカロンケースの作り方

1. ケースに使いたい布とキルト芯をそれぞれ円形に裁断します。
2. 布の縁から3ミリの位置をぐるりと一周ぐし縫いします。表に使う布の裏にキルト芯、くるみボタンを置き、糸を絞って留めます。内側に使う布の裏にはキルト芯を置いて、同様にしましょう。
3. ファスナーを中表に折り、両端を合わせて金具から7ミリ程度外の位置を縫い合わせます。半返し縫いなどでしっかり縫い合わせましょう。ケースに、ストラップやボールチェーンをひっかけたい場合は、ファスナーを縫うときに二つ折りにしたリボンを内側に挟んでおきます。
4. ファスナーの端を縫い目のところから倒し、リボンで覆って縫います。ケースを開いたときに、ファスナー端が見えないようにするためなので、リボンのほか、布端やレースを使ってもかまいません。
5. 輪となったファスナーを布と合わせていくために、両サイドを絞ります。ファスナーに沿って両縁をそれぞれぐし縫いし、糸を引いて留めましょう。
6. ファスナーに、くるみボタン状となった表布を縫いとめます。糸が見えないようコの字閉じで縫っていきます。同様に内側の布も縫いつけましょう。
7. ボールチェーンなどを取り付けて、できあがりです。

マカロンケースを作るときのコツとポイント

布を円形にカットするときには、ケースの表面に出る柄の位置を調整して切りましょう。

マカロンケース自体が小さなものなので、どの作業においても、縫い目を細かく丁寧にするときれいに仕上がります。ファスナーに布を縫いつけるときは、縫い目の位置がずれないように気をつけます。完成したときに見えるファスナー幅が一定だときれいです。内側の布を縫うときには、ファスナーを大きく外側にひっくり返しておくとやりやすくなります。

くるみボタンやファスナーには別サイズのものもあるので、好みの大きさで作ってもよいですね。キルト芯はなくても作れますが、入れると弾力性や柔らかみが出ます。

小さなケースに好きなものをいっぱい詰めて

作業はすべて手縫いなので、丁寧さが必要ですが、できあがったマカロンケースのかわいさを見れば、きっと手作りしてよかった、と感じられるはず。

1つ作って要領がわかったら、リボンやレース、ポケットなどをアレンジしてみてもよいですね。布素材をフェルトにしたり、ビーズを取り付けたり、アレンジの方法は無限大です。小さなマカロンケースに自分の好きなものをいっぱい詰め込めば、ケースを開けるたび、喜びを感じられるかも。

マカロンケースに使う布はわずかで済みますし、ファスナーやくるみボタンは100均で入手できるので、チャレンジするのも簡単です。たくさん作って、プレゼントやバザーに使うのもおすすめ。ぜひ、マカロンケースを作ってみてくださいね!

フェルトボールコースター作りに準備するもの

・羊毛フェルト
・水
・台所用洗剤
・土台となるコルクコースター
・接着剤

羊毛フェルトは、何色かセットになっているものや、マスコット用のキットなどさまざまなものがあります。好きな同系色でまとめてもよいですし、カラフルに仕上げても素敵です。コースターでは、小さなフェルトボールをたくさん作っていくので、既にフェルト手芸の経験がある人なら、余った羊毛フェルトの活用にもよいかもしれません。

フェルトボールコースターの作り方

1. まずは、フェルトボールを作っていきましょう。繊維状になっている羊毛を手で分割し、細く裂きます。
2. 細くなった羊毛をくるくると巻いていき、玉状にまとめます。
3. 手で触れるくらいのお湯に台所用洗剤を数滴混ぜ、容器に入れておきます。空になった台所用洗剤の容器を使うと、少しずつ液体が出て便利です。
4. 羊毛の玉に液体をかけ、手の平でころころ転がして丸くします。この摩擦の力で、羊毛がフェルト化し、固いボールとなります。
5. 再び羊毛を巻き、液体をかけて、ボールを大きくしていきます。
6. ちょうどよい大きさになったら、水で洗剤液をすすぎましょう。
7. 必要な分だけフェルトボールを作り、1~2日かけて、よく水分を乾かします。
8. コルクコースターの上に、フェルトボールを順に接着していきます。中心から始め、外側に向かって作業していきましょう。
9. すべて並べ終え、接着剤が乾燥したら、できあがりです。

洗剤を使うので、手荒れしやすい人は、ビニール手袋を着用しておくと安心です。フェルトボールはフェルト化によって固く小さくなります。大きさがまちまちにならないように、気をつけましょう。

フェルトボールコースターの連結アレンジ方法

羊毛を材料とするフェルトボールは、加工がしやすく、針と糸も通ります。接着剤を使ってコルクコースターに貼りつけていく方法のほか、糸で繋ぎ合わせていく方法も可能です。その場合、針を通すのはボールの中心ではなく、少し下方にずらした位置にするのがコツ。玉留めをしても表からは見えにくくなります。

正方形の形なら、まず横一列分のボールを糸で繋ぎます。列がたくさんできたら、今度は縦方向に糸を通していきましょう。ボールの中で、糸は網目状になっています。すべて繋がったら完成です。

少し複雑な形なら、フェルト布を土台にしてもよいでしょう。フェルトボールのやはり中心からずらしたところに針を入れ、要所要所でフェルト布に固定していきます。フェルト布は完成形に切っておき、ボールで埋め尽くせたらできあがりです。

かわいくてあったかみのあるフェルトボール

フェルトボールは、100均でも手に入る羊毛と洗剤があれば、簡単に作れます。マスコットのように複雑な形を作っていくわけではないので、初めて羊毛手芸に取り組む人でも大丈夫です。あったかみのある素材フェルトは、ボールの形を並べるだけでかわいらしいですね。小さなボールを数多く作るので、少し気長さを必要としますが、コースターならそれほど大きくないので、難しくありません。

フェルトボール作りに慣れたら、鍋敷きの大きさを作ってみるのもよいでしょう。フェルトボールは、コースターのほか、アクセサリーやインテリアにも応用できます。余ったフェルトボールは、アクセサリーパーツに使うのもおすすめ!簡単でかわいいフェルトボールを、ぜひ作ってみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. ハンドメイド

    オーブン陶土で陶器の小物をハンドメイドしてみよう!

  2. 100均アイテム手作り

    100均の毛糸を使って段ボール織物とかわいいヨーヨーキルトを作ろう

  3. handemade

    簡単なコツで、初心者さんもきれいな編み物作品が作れます♪

  4. handemade

    絵本を持ち歩く絵本バッグに一工夫。ちょっとした手間で世界にひとつのオリジナル仕様に!

  5. handemade

    人気の「ハンドメイド」まずは道具を揃えましょう!

  6. 刺繍で魅せるハンドメイド布小物

  7. 和風の小物を素敵にハンドメイドしよう

  8. 手作りアクセサリーの作り方

    ハンドメイド作品に高級感を添えるタグを印刷で作ってみよう!

  9. handemade

    ハンドメイド作品がなかなか売れない……そんな人が注意すべき点とは?

ハンドメイド資格講座ランキング