注目の記事 PICK UP!

オーダーメイドで、自分の好みにピッタリのものを作ってもらうコツ!

handemade

お店やネットショップですごく気にいった小物やアクセサリー。でも、もうちょっとサイズが小さかったら……もうちょっと色味が薄かったら……なんて思ったことはありませんか?

自分の好みに合っているのに、あとちょっと足りない!なんてこと、よくありますよね。

そんな不満を解消してくれるのがオーダーメイド!

自分の好きなようにアレンジしてもらえるオーダーメイドは、満足する結果になること間違いなしです。オーダーのコツをつかんで、間違いないオーダーメイドを実現しましょう!

オーダーメイドはどこで申し込めばいいの?

自分の好きなように作れるのがハンドメイドのいいところ。たいていのハンドメイド作家さんはオーダーメイドを受け付けています。どうしても欲しいもののはっきりしたイメージがある方は、思い切って問い合わせてみましょう。

ハンドメイドマーケットサイトでは「オーダーメイドできます」と商品説明やプロフィールに書いてある作家さんを探してみるといいですよ。たとえばtetoteでは「オーダーメイドOKマーク」を設定しているのでこのマークを目印に探すしてみましょう。

イベントなど対面販売なら直接きいてOKです。ただし、ほかのお客さんの迷惑にならないように極端な長話は控えましょう。

最初はプチオーダーから

オーダーにもコツがあります。

しっかり自分の希望を伝える自信がない方は、まずは「ピアスをイヤリングにしてほしい」「スナップボタンをマグネットにしてほしい」などのちょっとしたところから始めるのがおすすめです。

プチオーダー、セミオーダーなどと呼ばれるちょこっとオーダーなら、間違いなく自分の希望通りのものができます。

オーダーの方法がわかってきたら、次のステップに進みましょう。

オーダー内容をしっかり伝えよう

オーダーメイドに関するトラブルのうち、いちばん多いのは「商品が指定した通りにできていない」というもの。

これはオーダーする側が気を付ければ防げるトラブルです。必要なことをわかりやすく伝えるようにしましょう。

たとえばサイズ変更なら「もうちょっと大きく」というあいまいな伝え方ではなく、「縦○○センチ、横○○センチ」と数値を指定するのが効果的です。

具体的に伝えることで作り手にもしっかりイメージが伝わり、トラブルが未然に防げます。

大切なのは作り手とのコミュニケーション

何よりも大事なのは、作り手を尊重することです。

マーケットサイトはもともと「売り手とお客さん」ではなく「ハンドメイド好きな仲間」を想定して作られたもの。お金さえ払えば何でもやってもらえるというものではありません。できることとできないことがある、というのを理解しましょう。

自分がいわれたらいやだな、と思う言い方は避けるようにするとコミュニケーションもスムーズにいきます。

作り手が断りやすいように「こうしてください」という言い方よりも「こうできますか?」という言い方をするのも気がきいていますね。

まとめ

オーダーメイドは自分好みのアイテムを手に入れるにはとても有効な手段です。ぜひ活用したいものですね。

オーダーのコツを覚えれば、思い通りのアイテムが入手できるだけでなく、作り手さんとのコミュニケーションを楽しむこともできます。

お互いが満足できるように、マナーを守っていい取引をしましょう。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 編み物

    ガマ口のお財布の作り方

  2. handemade

    奥深いペーパークラフトの世界

  3. handemade

    腕時計を簡単にハンドメイド!

  4. handemade

    不器用さんでも安心!アクセサリーのリボンシュシュをハンドメイドしよう

  5. handemade

    消しゴムはんこ

  6. handemade

    腕時計パーツを使って手作りの腕時計を作ってみよう

  7. handemade

    可愛いシュシュの作り方から活用法まで

  8. handemade

    結婚式でプレゼントしたい結婚指輪をのせておくリングピローを手作りしてみよう

  9. handemade

    簡単に作れるゴムスカートの作り方

ハンドメイド資格講座ランキング