注目の記事 PICK UP!

インテリア小物をハンドメイドしてみよう!

糸

壁に飾って楽しむファブリックパネル

マリメッコなど個性的な布を使ってファブリックパネルを作ってみましょう。用意するのは木枠用の木材と布、そしてタッカーさえあれば作れてしまいます。パネルを手作りするのは苦手という人はファブリック用の木製パネルが売られているので利用するといいでしょう。油絵を描くときに使うキャンバスの上から布を貼って作る方法もあります。

布を貼るときに使うのはタッカーと呼ばれるホビー用の大きなホッチキスです。椅子の布を張り替えるときなどにも使うホッチキスで持ち手を握るとホッチキスの針がそのまま打ち付けられるのできれいに布を留めることができます。

《ファブリックパネルの作り方》
材料
・好きな布
・木材
・のこぎり
・サンドペーパー
・釘
・金槌
・タッカー

作り方
1.まず木材を縦横好きな長さで2本ずつ切り出して切り口にサンドペーパーを当てて削ります。こうすることで手にトゲが刺さるのを防ぐことができます。

2.縦の木材の上下に横の木材を取り付けて木枠を作ります。合わせた木材の横から釘を金槌で打ち付けて固定します。2本ずつ打ち付けると強力に付きます。縦と横の木材の組み方はどちらが上になってもOKです。

3.布をできた木枠よりも大き目に木枠の後ろまで届く長さにカットします。

4.布を木枠の上に置いたらひっくり返して裏にし、はじめに両サイドをタッカーで取り付けます。片方をタッカーで留めたら軽く引っ張って布がたわまないようにしたら反対も同じように留めます。

5.次に上下も留めていくのですが、角の処理をしましょう。角の布を内側に折りたたんで角の部分に生地の折り目がきれいに揃うようにして留めてください。上下とも留めたら完成です。

きれいに貼り付けるコツは中央から留めていき、対角線状に順に留めていくとたわみのないパブリックパネルになります。タッカーを留める間隔は10cm前後が良いでしょう。

プリザーブドフラワーのアレンジ

プリザーブドフラワーは水やりの必要もなくきれいな花姿が長い間保たれるのでインテリア小物として部屋に飾っておくのにとても便利で、手軽に部屋を彩ることができます。

ミニチュアクラフト

ミニチュアクラフトとは紙粘土や樹脂粘土などの素材や身近にあるものを使って本物そっくりに作るアートのことで部屋に飾って楽しむことができます。テーマを決めて作ると統一感のある面白いオブジェになります。ケースごと作って飾ると場所をとることもなくかわいいので、ぜひ挑戦してみてください。

ワイヤーでできた壁飾り

ワイヤーで作った壁飾りはエレガントな雰囲気があります。大抵は黒いワイヤーで作られるので白い壁に飾るとおしゃれです。スイッチの周りを飾ったり、キーフックを作ってもすてきです。しっくりとくるフックが見つからない場合はワイヤーで手作りすると壁飾りとしても使えるすてきなフックになります。

手芸道具を見せて収納

カラフルな手芸道具を透明な瓶などに入れて収納することでインテリア小物として飾ることもできます。色とりどりのビーズやボタン、リボンやマスキングテープなどどんなものでもOKです。種類が揃っていることで見た目もすっきりときれいなインテリアのように飾ることができます。色鉛筆もカラフルなので長いプラスチック製の入れ物に入れると取り出しやすくて使い勝手も良いです。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    人気の「ハンドメイド」まずは道具を揃えましょう!

  2. handemade

    作り方も簡単!トートバッグを手作りしてみる

  3. 定規

    簡単にハンドメイドできて売れる作品4選を紹介

  4. handemade

    個性あふれるイベントがいっぱい!埼玉県のハンドメイドイベントをご紹介します♪

  5. handemade

    プラバンアクセサリーの作り方2 アレンジ

  6. handemade

    かさばらない!エコバッグをコンパクトにたたむアイデア♪

  7. 関西のハンドメイドイベント

  8. handemade

    ミサンガ

  9. handemade

    手作りバッグがUPされている注目のブログ