注目の記事 PICK UP!

イヤリングをハンドメイド!簡単な作り方をご紹介

チェーン

イヤリング金具の種類

イヤリングをハンドメイドする際に欠かせないイヤリングの金具にはいろいろな種類があります。簡単に3つほどご紹介します。

・皿付きのイヤリング金具
皿付きのイヤリング金具は皿部分に接着剤などを使ってパーツを貼り付けてイヤリングを作ることができます。底が平らでないものにはあらかじめ透かしパーツを取り付けてから貼り付けると上手く付けることができます。

・カン付きねじ切イヤリング金具
イヤリング台の先にねじの溝が彫られたイヤリング金具で、片穴のパールや丸玉を接着剤で貼り付けることができます。カンが付いているので、その下にいろいろなものを作るしてさらにデザイン性を高めることができます。

・シャワー付きイヤリング金具
シャワー付きのイヤリング金具はシャワー台にビーズやパール、石座などをテグスで巻き付けてイヤリングを作ることができます。

UVレジンを使ったイヤリングの作り方

UVレジンを使うと強力に接着することができるので簡単にビジューを使ったイヤリングを作ることができます。

用意する物
・石座付きビジュー
・片穴パール
・透かしパーツ
・皿付きイヤリング金具
・ピンセット
・UVレジン
・UVライト
・クリアファイル
・爪楊枝
・金属用接着剤

作り方
1.まずクリアファイルを適度な大きさに切り抜きその上にUVレジンを少し出します。

2.爪楊枝で透かしパーツよりもひと回りほど小さな円に伸ばして石座付きビジューや片穴パールを貼り付けます。ビジューやパールどうしの側面にもレジンを塗ってより強力に貼りつくようにしましょう。パールを貼り付けるときは穴を下向きにして見えないようにしてください。

3.2をUVライトの中に入れて硬化させます。

4.固まったら取り出してクリアファイルを剥がしたら底の部分にさらにUVレジンを塗って透かしパーツを貼り付けます。

5.UVライトで硬化させたら接着剤で透かしパーツにイヤリング金具を取り付けて乾燥させれば完成です。

タッセルの付いたイヤリング

タッセルは最近流行のアイテムで、カン付きのイヤリング金具に取り付けるだけですてきなイヤリングを作ることができます。タッセルは加工された市販のものを使うと簡単でおすすめです。

用意する物
・カボション
・カン付きカボションセッティング台
・皿付きイヤリング金具
・タッセル
・丸カン
・接着剤
・ペンチ2つ(ビーズ用などの小さいもの)

作り方
1.カボションを接着剤を塗ってセッティング台に貼り付けます。

2.タッセルとセッティング台のカンに丸カンを通して取り付けます。

3.セッティング台の裏に接着剤を塗ってイヤリング金具を貼り付け、しっかりと乾燥させれば完成です。

タッセルを手作りするなら

先程紹介したタッセルを手作りする方法をご紹介します。カボションの色に合う色でぜひ手作りしてみてください。

用意する物
・刺繍糸2色(1つは)
・段ボール紙
・ハサミ
・丸カン
・ペンチ2つ(ビーズ用などの小さいもの)

作り方
1.刺繍糸を作りたいサイズに切り抜いた段ボール紙に巻き付けます。

2.片方の端をハサミで切って、反対側の中心になる部分に同じ糸を使って結び留めます。

3.結び目を中に入れながら端を1つにまとめて別の糸を使って頂上から1~2cmほど下に糸を巻き付けて縛ります。

4.最後に端をきれいに切りそろえて丸カンを2で結んだ糸に取り付ければ完成です。

刺繍糸以外にもいろいろな糸を使って作ってみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    シール

  2. ハンドメイドでナップサックを作ってハイキングに出かけよう!

  3. handemade

    簡単にできるハンドメイド

  4. handemade

    切り替えのある絵本バッグを手作りしてみよう

  5. handemade

    ひと結びで簡単!平面なのに立体に包める不思議なあづま袋の作り方

  6. handemade

    子供服も簡単に作れる!布を四角く切るだけのお手軽ソーイング

  7. handemade

    マスキングテープ

  8. handemade

    初心者必見!樹脂粘土で作る簡単雑貨のポイントまとめ

  9. handemade

    ハンドメイドでぬいぐるみ小物を作ろう

ハンドメイド資格講座ランキング