注目の記事 PICK UP!

イベント会場で役に立つ!簡単お役立ちグッズを作ってみよう♪

handemade

ハンドメイド作品を展示販売するイベントは、作り手にとっては日ごろの成果を披露する大事な場。満を持して臨みたいものです。

でも、設営から始まって、接客、会計、後片付けまでイベント中は忙しいことばかり。気が付けば忘れ物や失くし物が……なんてことも珍しくありません。

そんなバタバタを少しでも解消するために、あると便利なグッズの作り方と間に合わせのものを道具として使うアイデアをご紹介します。

ポケット付きファブリック

敷き布として、また席を外す際のカバー用として、必ず一枚は持っていく大判サイズのファブリック。この布に、簡単な工夫を施すだけでとても使いやすくなります。

  1. まずは裏表の区別がない布を選びます。
  2. 端を12センチほど手前に折り返します。長さは目安なので、自分の使いやすい長さにアレンジしてください。
  3. 両端をぬいます。
  4. そのままだとぐたっとしてしまうので、ポケットらしい形を保って使いやすくするために、ポケット口を15~20センチぐらいのピッチで数針すくって留めていきます。

これだけで、文房具や紙類を入れておけるポケット付きファブリックのできあがり!内側にポケット面を向けて使えば便利な整理グッズとして、外側に向ければチラシなどを入れるディスプレイとして使えます。用途に応じて、長さを変えたりボタンをつけて縫い目を隠すなどの工夫をしてみましょう。

ただし強度はないので、あまり重いものを入れないように気を付けてください。

現場で組み立てるアクセサリートレイ

昔からある、四角い布の4つの端をつまんで箱にするアイデアです。用意するものはトレイのサイズの厚紙、それより一回り大きいサイズの布、端を留めるためのピアス4個です。布はほつれにくいものを選んでください。

  1. 底にする厚紙には好きな柄の紙か布をボンドで貼っておきます。
  2. 4つの端をつまんで浅い箱の形にします。
  3. つまんだところを洗濯バサミなどで固定し、一か所ずつ(つまんでできた三角形の真ん中ぐらいに)目打ちで穴をあけます。
  4. 穴にお気に入りのピアスを差し込み、留めます。

事前の準備は穴をあけるところだけで、あとは会場内でも作業できます。展示する作品の中にピアスがあったら、それを使ってしまうと荷物も少なくて済みます。

こんなものも現場で使える!?

意外なアクセサリーがイベント会場では便利に使えます。

たとえばヘアピンやパッチンどめはクリップのかわりに大活躍。何枚かの紙を束ねたり、値札をワイヤーネットなどに固定するときにも使えます。

下げるのではなく、置く形で値札を固定したいときにはクリップイヤリングや小型のヘアクリップが使えます。たたんだティッシュなどを添えて値札に厚みをつけてから挟み、逆さにする形で置きましょう。ころんとした重みのあるタイプが安定します。読みやすく角度をつけたい場合は、クリップのほうは残念ながら調節できないので、紙のほうを折り曲げます。

アクセサリーをディスプレイ用品として使うことの利点は、荷物にならず忘れ物もしないということです。使い終わったら髪に差してそのまま帰ればいいのですから、とても簡単です。

まとめ

イベントをちょっとスマートに乗り切れる、便利グッズの作り方・使い方でした。

せっかくの楽しいイベント、「忘れた!」「失くした!」なんてトラブルは嫌ですよね。整理整頓で余裕をもって一日を過ごせるように、皆さんもオリジナル便利グッズを作ってみてくださいね♪

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    初心者も簡単!手作りアクセサリーの作り方

  2. 福岡のハンドメイドイベント

  3. ハンドメイドでゴージャスな指輪を作ってみよう

  4. handemade

    ハンドメイドにお役立ち♪便利なアプリを集めてみました

  5. handemade

    簡単で売れるハンドメイド作品と委託販売のトラブル事例集

  6. handemade

    キャンドルを自分好みに作ってみよう!

  7. チェーン

    イヤリングをハンドメイド!簡単な作り方をご紹介

  8. handemade

    手作りバッグがUPされている注目のブログ

  9. handemade

    初めてさん歓迎♪型紙いらずの超簡単まっすぐソーイング!