注目の記事 PICK UP!

アクセサリーだって毎日着替えたい 100均ビーズで作るコットンボールネックレス

handemade

手持ちのファッションに似合うアクセサリーが見つからないときには、ハンドメイドするのが一番。フォーマルなシーンにはふさわしいアクセサリーがあるように、普段のファッションにはナチュラルなアクセサリーが似合います。そこで、こんなコットンボールネックレスはいかがでしょうか。コットンボールネックレスは、中にビーズや玉を入れ、布素材で外側をくるんでいくもの好きな柄の布を使えるから、自分のファッションにぴったりのアクセサリーが作れますよ。コットンボールネックレスの作り方をご紹介します。

コットンボールネックレスを作るときに用意するもの

・ウッドビーズ
・好きなデザインの布
・ハサミ
・針
・糸

ボールのベースとなるビーズは見えなくなるので、素材はなんでもかまいません。100均にあるウッドビーズやアクリルビーズなどが使えます。発泡スチロールの玉でもOKです。軽くて、首に負担がかかりません。布素材も自由ですが、あまり生地が薄いと中が透けてしまうので、ボール素材との兼ね合いに気を付けましょう。

コットンボールネックレスの作り方

1. 布を細長くカットします。幅はビーズの円周に縫い代1センチを加えたサイズ、長さは作りたいネックレスの2~3倍のサイズです。
2. 布を中表に、幅が半分となるよう折ります。長い辺の端から5ミリのところをミシンで縫い合わせていきましょう。
3. 細長い棒などを使って、布を表にひっくり返します。
4. 長さの半分の位置で、布に結び目を作ります。
5. 袋状となった布にビーズを1つ入れ、ビーズの上でまた結び目を作ります。これをビーズの長さのほしい分だけ繰り返します。最初の結び目から両側に同じ数だけ作りましょう。
6. ビーズの入らないリボン状の部分を、首の後ろで結ぶ分の長さも考慮してカット。布端を5ミリ中に折り込み、コの字とじで縫い合わせて、完成です。

コットンボールネックレス作りのポイント

可能であれば、布をバイアス状に切っておくと、扱いやすく仕上がりもきれいです。バイアスでは布を45度の斜めに切っていきます。縦横に伸縮性がよくなるので、ボール状のものを包むのにも向いています。

布素材の厚みによっては、結び目の大きさが変わってきますし、その分必要な長さも違ってきます。布の長さは多めに取っておきましょう。

小さめのビーズを使う場合などは、ボール部分より結び目の方が目立ってしまいます。結び目を作りたくないなら、ビーズを入れるごとに、布を集め、糸で縫いとじると、コットンボールだけが連なります。ビーズとビーズの間隔をあまり詰めすぎると、ネックレスのカーブがきつくなってしまうので、若干ゆるみを持たせるようにします。

ファッションに合わせてアクセサリーも着替えよう

華やかな柄の布を使えば、ゴージャスなネックレスに、リネンや小花模様の布ならナチュラルなテイストに。コットンボールネックレスの印象は、ボールの大きさや布素材で大きく変わります。これなら、どんなファッションの日でも、相性のよいアクセサリーに着替えられますね。

見えない中身の部分は、100均素材を使ってもOKだから、見た目より低予算で作れます。手間がかかるのは、布端のミシンくらいで、あとはひたすら結んでいくだけ。テレビを見ながらでも、楽しんで作れます。

自分のファッションのパターンに合わせて、いろいろなバリエーションを作っておくとよいですね。コットンボールネックレスを、ぜひあなたのファッションに取り入れてみてくださいね!

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    引き出しの中の余った素材で作れる!ボヘミアン風ブレスレット

  2. handemade

    簡単に作れるゴムスカートの作り方

  3. handemade

    こんな家具があればハンドメイドも楽しくなる!

  4. handemade

    どこにでもある材料で作れる個性豊かなオリジナルのストラップ

  5. handemade

    ヘアアクセサリー、リボンバレッタの作り方

  6. 簡単に作れるハンドメイドバッグでお出かけしよう

  7. handemade

    入園グッズを緊急ハンドメイド!

  8. handemade

    手作りの布おもちゃで、英語のスペルを覚えよう!

  9. handemade

    100均座布団を使って、愛猫用ベッドを簡単制作

ハンドメイド資格講座ランキング