注目の記事 PICK UP!

100均の極太毛糸で始めるアームニッティングとチュニックの簡単な作り方

手作り洋服の作り方

海外でも人気となっているアームニッティングという方法をご存知ですか。かぎ針や棒針を使わず、自分の腕を使って毛糸を編むやり方です。アームニッティング作品は、腕を使う分、大きくてざっくりゆったりとした編み目が特徴。マフラーやスヌードなど、首元に目を引くおしゃれにぴったりです。アームニッティングに使う太い毛糸は100円ショップにもさまざまなタイプが置いてあるので、手軽に始められますよ。アームニッティングのマフラーの作り方をご紹介します。

アームニッティングに用意するもの

・毛糸(太いもの)
・ハサミ

毛糸の素材や色は好みでかまいません。極太や極々太のものを使います。1本ではボリュームが足りないと感じるなら、2本3本取りで編んでいきます。違う色を取り合わせてもよいでしょう。針などの道具が要らず、腕2本あれば編んでいけるのも、アームニッティングのよいところです。

アームニッティングマフラーの作り方

1. 棒針で編むメリヤス編みをイメージしましょう。1目が手首の直径ほどになるので、作り目も少なくてすみます。毛糸を50センチほど引き出したところで、毛糸をひねって輪を作り、輪の向こうから手前に長い方の毛糸を15センチほど引き出します。引き出した方の輪を右手首にかけます。毛糸を少し引いて毛糸のゆるみを調節しましょう。
2. 再び、短い側の毛糸をひねった輪に長い側の毛糸を15センチほどくぐらせ、できた輪を右手にかけます。それを繰り返して、作り目を6つ作りましょう。
3. 右手の腕に並んだ6つの作り目のうち、手の先に近い方に短い毛糸と長い毛糸が出ています。右手の平に長い方の毛糸を握って、手の先に一番近い輪を右手から外します。右手の平に残った毛糸の輪を左腕に移しましょう。
4. 長い毛糸を右手の平に握り、右腕の輪を外して、手の平に新しくできた輪を左に移す作業を繰り返します。右腕の輪がなくなったら、2段目の完成です。
5. 今度は逆に、左手の平に長い毛糸を握り、輪を外して、新しい輪を右手に移していきます。左腕の輪がなくなれば、3段目ができています。
6. 右手から左手、左手から右手に毛糸を移動させる作業を繰り返しましょう。ほしいマフラーの長さの分だけ、続けます。
7. 最後は伏せ止めにします。最後の段に、右手(左手)に新しい輪が2つできたら、後にできた手の先に近い方の輪を残し、最初の輪を右手から外します。輪を作るごとに、前の輪を手から外し、最後には輪が1つ残るようにします。毛糸を適当な長さにカット、最後の輪に引き抜いて、絞ります。毛糸の端の始末をして、完成です。

ショールやスヌードにも作れる

上の説明では作り目を6つにしていますが、毛糸の太さや、マフラーの幅の好みによって、変更しても大丈夫です。もちろん、マフラーの長さも自由。広い幅に作れば、ショールやひざ掛けにも作れます。

人気のスヌードにするなら、伏せ止めにしたところを、編み始めの部分にメリヤスはぎにして繋げましょう。長めに作って、二重巻きにするのもおしゃれです。

通常の棒針編みと同様、毛糸の輪に適度な余裕を保つことがきれいに作るコツです。毛糸をきつく引きすぎたり、逆にゆるすぎたり、編む間に変化があれば編み上がりに影響が出てしまいます。同じペースで編んでいくように心がけましょう。

アームニッティングならスピーディーに完成!

棒針やかぎ針を手に持って、コツコツ作業を進めていくのも楽しいものですが、編み目が細やかであればあるほど、時間がかかってしまうのも事実。編み物をしたいけれど時間がない、という人にアームニッティングはおすすめです。太い毛糸や複数の毛糸を使い、大きな編み目で編んでいくので、できあがりまでがとてもスピーディー。

1段上がるごとに向きが変わる棒針と違い、アームニッティングのメリヤス編みなら、右から左も左から右も、同じやり方で編んでいけます。やり方に納得し、慣れてくれば、長いマフラーも1、2時間で編めるのではないでしょうか。

まずは手軽な100均の毛糸を使うと、チャレンジもしやすいですね。ぜひアームニッティングのニットアイテムを作って、おしゃれな着こなしに活かしてください!

季節問わずいつでも着られるチュニックは大変重宝しますし、世代も関係ありません。お子様から年配の方まで着られる普段服です。
チュニックは体型を隠すことができ頭からストンと簡単に着ることのできる筒型のワンピースのような洋服です。チュニックの歴史は中世から始まっています。
少し長めならそのままワンピースとして着用したり、レギンスやパンツと合わせたり用途はお好みで何通りにでも活用できる便利な服なので愛好家は多いです。
簡単なチュニックの作り方をご紹介致します。

型紙いらずのチュニックの作り方

用意するものはお好みの生地2mです。生地はなんでもいいです。リネンやコットンが人気ですが、皺になりやすいので、普段使いが適しています。オシャレ着としては向かないようです。
お出かけ着用には、ポリエステルやナイロンが織り込まれた生地を選んでください。

・作り方
1.生地を半分にカットし、2枚重ねて半分に折ります。
2.襟ぐりを作ります。折り曲げた部分から横に15cm、縦に3cmで印を付け、印を付けたところを曲線で結ぶように印を付けます。頭が通るようにカットしてください。
3.印を付けたところを2枚一緒にカットします。
4.生地を中表にして、袖に当たる部分をお好みの幅で残し、脇と肩をそれぞれ縫い合わせます。
5.襟と袖を伏せ縫いして完成です。

Aラインチュニックの作り方

まっすぐ縫ったチュニックでは、脇の部分が野暮ったいので、袖を作りたい。という場合は、縫うところが多くなりますがAラインのチュニックを作ってみましょう。

生地は2mあれば充分です。2mの生地を半分にして前見ごろと後ろ身頃として考えます。
お持ちの洋服の中で、お好きな着心地のよい上着かシャツを選んで、襟と袖の形を生地に写しましょう。

脇からスカートはAラインをイメージして、脇から裾まで一気に斜めにカットしてください。
裾はそのまままっすぐのラインんで構いません。出来上がった時に脇の部分が少し長くなってシフォン調になります。

・作り方
1.襟は見返しがあると補強できるので少し面倒ではありますが、作った方が安定します。幅は5cmくらいあるといいでしょう。
2.前後の見返しの肩にあたる部分を中表で縫い、肩部分を縫い合わせた見ごろに襟を合わせて見ごろと見返しを一緒に縫います。
3.見返しが外に出ないよう数カ所を手縫いで固定します。
4.残りの袖・脇を縫い合わせます。
5.袖口と裾を伏せ縫いして完成です。

デザインをひと工夫して新しいチュニックに

襟ぐりを広くとり、ゴムを通したら女性らしい丸みのあるチュニックができます。袖を作らず、ゴムを通してフレンチ袖にすると可愛いですね。襟ぐりをV字にすると胸元がスッキリしてクールで大人っぽいイメージになります。

生地を変えて胸かウエスト部分で切り替えすると違った印象に変身します。胸の位置だとフェミニンで可愛らしく、ウエスト位置ではタイトで大人っぽくなります。生地の種類にもよります。最初は無地で試した方が無難に仕上がり、コーディネイトしやすくなるでしょう。

まとめ

今回は型紙を使わないチュニックの作り方を紹介しました。型紙を使って本格的に作りたい方には型紙と生地のセットで販売しているサイトもありますし、たくさんの種類の中から選んで、その通りに型紙を作れるテキストブックが販売されています。

お好みで選べますが、たくさんありすぎて迷うかもしれません。どんなときに着たいのか、イメージするデザインや用途に合わせたものをまず決めてから近いものを選ぶと良いでしょう。

型紙や本ではモデルさんのスタイルが良すぎて、出来上がって着てみた時にイメージと違うことが多いのではないでしょうか?まず自分の体型にあったチュニック、カバーしたいところなどを意識したチュニックを作ってみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    キッチンやリビングで大活躍!麻ロープのナチュラルバスケットは自分で作れる

  2. handemade

    接着剤を使い分けて簡単ハンドメイド

  3. handemade

    100均のプラパンで市販品みたいなリボンアクセサリーが作れる!

  4. handemade

    棚を安価で手軽にハンドメイドする方法

  5. 糸

    ハンドメイドで作れる素敵なのれんの作り方

  6. handemade

    時計パーツを使ってハンドメイド!自分デザインのオリジナル時計を作ろう!

  7. handemade

    クリスマスには手作りのオーナメントでツリーを飾ろう

  8. handemade

    ハンドメイド商品を販売するならまずはネームタグを作ろう!

  9. 手作り 布

    ハンドメイドで作る体に優しい布ナプキンの作り方

ハンドメイド資格講座ランキング