注目の記事 PICK UP!

100均アイテムを使ったおしゃれなウォールポケット

handemade

メモを取る筆記具や、何かと便利なハサミやカッター類。使う頻度の高い道具は、見えないところにしまいこむよりも、手の届く場所に置いておきたいものですね。そんな小物類の収納には、ウォールポケットがぴったり。壁にかければスペースを取らず、小さな道具類を1ヵ所にまとめてくれます。どうせなら、壁を彩るインテリアアイテムにもなる、おしゃれなウォールポケットを手作りしてみませんか?ウォールポケット作りの秘密兵器は100均で手に入る刺繍枠。とても簡単に作れてしまうんです!

ウォールポケット作りに準備するもの

・刺繍枠
・布
・ハサミ
・接着剤
・マチ針

刺繍枠は本来、刺繍をするときに布をピンと張るために使うもの。これに好きな柄の布を張って、ウォールポケットのベースとします。

丸くてかわいいウォールポケットの作り方

1. 刺繍枠を覆うサイズに、ベースとする布をカットします。ポケットにする布は、約半分の大きさに切ります。サイズやカットの線は大まかでかまいませんが、ポケット口にする部分だけはまっすぐに。
2. ポケットにする布のポケット口を1センチの3つ折りにし、アイロンをあてて、ミシンをかけます。
3. ベースの布にポケットの布をのせて、マチ針でとめます。このときにポケット口が、ベースの布の中央線にくるように調整しましょう。
4. ポケットの仕切りの位置にミシンをかけます。ポケット口と直角になるように気をつけましょう。ポケット口の側では返し縫いしておきます。
5. 布を刺繍枠にピンと張った状態でセットし、ポケットの位置がよいようなら、外枠のネジを締めます。
6. 裏側に返して、内枠の裏に接着剤を塗り、枠からはみ出たベースの布を枠の内側に寄せます。更に、接着剤を使ってポケット布を同様に枠の中に寄せておきます。
7. 接着剤が十分に乾燥したら、刺繍枠の内側に沿って、余分な布をカットし、完成です。

サイズは大まかでOKのウォールポケット

ウォールポケットのベースの布端は、すべて刺繍枠の裏に隠れてしまうので、縫う必要がありませんし、サイズをきっちり測らなくても、きれいに仕上がります。ベースの布端の処理をしなくてよい分、ほかに手をかけて、アレンジしてもよいですね。タグやレース、ボタンなどを縫いつけると、それぞれの個性が表れます。

ポケットの仕切りは、よく収納する道具類の幅に合わせ、使いやすい位置と数を設定しましょう。大きいポケットが1つあればよいのなら、仕切り部分は縫わず、ポケット布を重ねるだけでかまいません。また、ポケット布を2枚重ねれば、収納力は倍増します。

刺繍枠ウォールポケットはファブリックボードにもなる

好みのデザインの布をアート化するファブリックボード。100均で手軽に購入できる刺繍枠は、丸いファブリックボードのベースにも使えます。

つまり、刺繍枠を利用したウォールポケットは、収納の役割を果たす上に、ファブリックボード的な要素も兼ね備えています。好みの布を使ってウォールポケット作りをすれば、ばらけがちな小物の定位置となり、更には壁をおしゃれな雰囲気にしてくれるインテリアアイテムともなるんですね。

ベースとポケット、同じ布や色違いで構成してもよいし、まったく違った布でも組み合わせによって素敵なものが作れます。セットする布さえ決まったら、作るのは簡単なので、ぜひ実践し、おうちの壁をおしゃれに飾ってみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    売れ筋商品をリメイクで再現!お金をかけずに旬のアイテムが手に入る♪

  2. handemade

    100均のプラパンで市販品みたいなリボンアクセサリーが作れる!

  3. handemade

    ひと結びで簡単!平面なのに立体に包める不思議なあづま袋の作り方

  4. 愛知のハンドメイドイベント

  5. 編み物

    ハンドメイドで作る温かなひざ掛けの作り方

  6. handemade

    簡単アクセサリーを手作りして自分好みの装いを

  7. handemade

    お気に入りのTシャツをリメイク♪ハサミだけで簡単に作れるバッグ

  8. handemade

    ヘアピンパーツを使って簡単アクセサリーハンドメイド

  9. handemade

    キーケースを本革で手作りする

ハンドメイド資格講座ランキング