注目の記事 PICK UP!

お気に入りのTシャツをリメイク♪ハサミだけで簡単に作れるバッグ

handemade

大切に着ていたTシャツも、年数がたてば、襟ぐりや袖口が弱ったり、サイズが合わなくなったりするもの。それでも、気に入っていたTシャツはなかなか手放せないものですね。捨てるのを迷っているTシャツがあるのなら、思い切ってバッグの形に作り直してみませんか?思い入れのあるTシャツもバッグにすれば、もうしばらく手元に置いて使うことができますね。驚きのアイディアで、Tシャツからバッグにリメイクする方法をご紹介します。

Tシャツリメイクバッグ作成に準備するもの

・Tシャツ
・ものさし
・はさみ
・チャコペン

リメイクとはいっても、針や糸を使いません。縫わないので、普段裁縫をしない人でも、簡単に作成可能です。Tシャツサイズがそのままバッグの大きさに反映されるので、バッグに作りたい大きさのものを用意しましょう。大きいサイズに作りたいならメンズのものを。子どものTシャツならかわいらしいバッグに作れます。

Tシャツをバッグにリメイクする方法

1. Tシャツを裏返しにし、チャコペンで印を入れていきます。襟ぐりの部分と、袖を取り、タンクトップのような形になるようにします。印を入れたカープに沿って、カットしましょう。2つの肩の部分が、バッグの持ち手となります。
2. Tシャツの裾の部分の縫い目を切り取ってしまいます。バッグの底にする位置に横線を入れ、その横線から一定の幅で、裾の端まで縦の線を入れていきます。縦の線の幅は、1~1.5センチ程度、これがバッグの底のフリンジになります。印を入れたら、縦線に沿ってハサミで切れ目を入れていきましょう。
3. Tシャツを表に返します。切れ目を入れてできた、裾のひもを、Tシャツの脇から結んでいきます。前身ごろと後ろ身ごろで向かい合うひも同志を結び、同じ身ごろの隣り合うひも同志を結んでいくと、Tシャツの裾は閉じていきます。ひもをすべて結び、底ができたら、完成です。

ハサミのカットの入れ方で好みの形になるバッグ

Tシャツのカットの仕方によって、持ち手の長さや太さが変わり、裾のひもの幅や長さによって、フリンジのできあがり方が違ってきます。フリーハンドでも作れますが、仕上がりにこだわりたいなら、チャコペンで印を入れてからハサミを使いましょう。

同じ方法で、フリンジのないシンプルなタイプにも作れます。その場合は、裾のひもを結ぶ作業を、Tシャツを裏返しにしたまま行います。フリンジにしないので、ひもは短めでかまいません。結び終わったTシャツを表に返せば、結び目はすべて内側に隠れてしまいます。

また、本体の部分に、点線の切れ目を平行に入れると、ネット状のバッグになります。切れ目は縦横どちらでもOKですが、同方向に入れるようにしましょう。通気性がよく、野菜ストックなどに最適です。

ハサミだけを使う驚きのリメイク方法

Tシャツリメイクのバッグで使うのは、ハサミで切り込みを入れて結んでいくだけ、という驚きの方法です。これなら、着用するのはちょっと、というTシャツでも手軽にバッグに作り直せますね。

胴体部分はそのままなので、愛着のある色やデザインなどを活かせます。また、伸縮性のあるTシャツ生地は、バッグとなっても、伸びるのが特徴。野菜や果物など、変則的な形のものを入れても違和感がなく、ふくれた様子がかえってかわいいくらいです。万が一汚れてしまったときにも、気軽に洗濯機で洗えるのもメリットですね。

捨てるのはもったいなくて、と使い道に悩んでいたTシャツがあるのなら、ぜひパッグにリメイクしてみてはいかがでしょうか。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    100均のビーズがきらきらサンキャッチャーに!おうちに光とエネルギーを呼び込もう

  2. handemade

    余った布の素敵な使い道♪端切れロープで作るカラフルマット

  3. 東京のハンドメイドイベント

  4. handemade

    子供の服を着なくなった大人服で上手にリメイクして作ってみよう!

  5. ハンドメイドで作りたい表札について

  6. handemade

    ハンドメイドできるキーホルダーの作り方

  7. handemade

    お祝いシーンに使いたい♪ロゼッタリボン作りに役立つ100均アイテム

  8. バラエティーに富んだコースターをハンドメイドしよう!

  9. handemade

    イベント募集に応募する前に、気をつけるべき3つのこと

ハンドメイド資格講座ランキング