注目の記事 PICK UP!

お気に入りのボタンをビーズ代わりに!おしゃれなボタンピアスの作成方法

handemade

着なくなった洋服のボタンや、予備のボタン。質のよい洋服には、デザインや素材にこだわったボタンが使われていることも多く、そのまま捨てるには忍びないものです。何かに使えないかと取っておいたお気に入りのボタンがあるのなら、自分で手を加えて、アクセサリーパーツにしてみませんか?同じものが2つあるのなら、ピアスやイヤリングにすることができます。ここでは、ボタンをピアスにリメイクする方法をご紹介していきましょう!

ボタンをピアスにリメイクするときに用意するもの

・ボタン
・ピアスパーツ
・丸カン
・平ペンチ
・丸ペンチ
・ニッパー
・ビーズ
・Tピン

気に入っているボタンを中心に、まずはピアスのできあがりイメージを考えます。おしゃれなボタンなら、それだけでもよいのですが、ほかにビーズなどのパーツを付けたいなら、Tピンや9ピンがあると便利です。丸カンは、直径がボタンの半径以上のサイズと、小さいサイズを用意します。メタルパーツは、ピアスパーツの色に合わせたものを揃えましょう。

あっという間に完成!丸カンを使うボタンピアスの作成方法

1. ペンチを2本使って、丸カンを切れ目から開きます。切れ目を左右に開くのではなく、前後にずらすようにします。
2. ボタンの穴に丸カンを通し、丸カンの切れ目を元通り閉じましょう。
3. 小さいサイズの丸カンを同様に開き、ボタンの丸カンとピアスパーツに通して、閉じます。
4. ビーズを取り付けたい場合は、Tピンを使います。Tピンをビーズに通し、反対側から出たピンをビーズのきわから、45度の角度に倒します。
5. ピンを倒した方向と90度の角度に、丸ペンチを差し込んではさみ、ピンを丸ペンチに沿わせるようにカーブさせ、小さな円を作ります。
6. 丸ペンチを外し、ビーズのきわで、余分なピンをカットします。ペンチでピンのずれを修正しましょう。
7. ボタンの開いている方の穴とビーズを丸カンで連結させて、完成です。

ボタンピアスをきれいに作成するポイント

Tピンでビーズの上に輪をつくるときには、丸ペンチのはさむ位置で、輪の大きさが決まります。同じものを2つ作るピアスでは、輪の大きさが違わないように気をつけます。

ピンはビーズのきわでカットしてもよいし、巻きを作ってからカットしてもよいですね。その場合は、あらかじめTピンを倒す位置を、ビーズから2ミリ程度離れたところにします。ピンをカーブさせ、交差させたあと、輪の合流地点からビーズの方へとピン自体に巻き付けていきます。

どちらの場合も、ピンはビーズと接するぎりぎりの位置でカットするのがきれいに仕上げるポイントです。

引き出しの奥のボタンをおしゃれなアクセサリーに!

デザインによって数や位置は違っても、ボタンには必ず穴が開いているのが特徴です。そのため、丸カンやアートワイヤーなどを利用し、ビーズと同様の使い方ができるのですね。

さまざまに意匠のこらされたボタンは、アクセサリーパーツにするのにぴったりですし、丸カンは、開いて閉じるだけで簡単にパーツを連結させることのできる便利なアイテムです。ボタンの穴の使い方を考えたり、複数のボタンやビーズを組み合わせたりすれば、ボタンを使ったピアスデザインの可能性は無限大に広がります。

要領を得たら、ピアスだけでなく、さまざまなアクセサリーに活用することができるでしょう。おしゃれでかわいいボタンを引き出しにしまっているのなら、ぜひ自分の手でアクセサリーの形に変身させてみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    可愛いシュシュの作り方から活用法まで

  2. handemade

    世界で一つのお気に入りを探しに、ハンドメイドマーケットへ行ってみよう♪

  3. 愛知のハンドメイドイベント

  4. handemade

    海外のハンドメイド作品が買える、出品できる!海外につながる販売サイトの数々

  5. handemade

    100均ジェリーボールでぷるぷるファンタジックな芳香剤作り

  6. handemade

    ツッパリ棒を使って簡単ハンドメイド布カーテン

  7. handemade

    絶対行きたい!東京のハンドメイドイベント5選

  8. handemade

    100均アイテムで簡単手作り♪カーテンタッセルで窓を華やかにしよう

  9. 刺繍

    100均アイテムでできる!革・レジン・プラバン・粘土で手作りキーホルダー

ハンドメイド資格講座ランキング