注目の記事 PICK UP!

おしゃれなマクラメ編みをマスター♪ロープで涼しげな間仕切りカーテンが作れる!

handemade

マクラメ編みは、複数の紐を結んで模様を作っていく手法のことで、古くはアラビアで始まり、イスラム圏から世界へと広がったと言われています。ハンドメイドの世界では、ミサンガやヘンプ紐のアクセサリーなどに利用されているので、親しみのある人も多いのではないでしょうか。間仕切りカーテンは、アクセサリーよりかなり大がかりとなりますが、編む方法は同じです。マクラメ編みを使って、涼しげでおしゃれなカーテンを作ってみませんか?

マクラメ編みカーテン作りに用意するもの

・木製ポール
・ロープ
・ハサミ
・メジャー
・鉛筆
・マスキングテープ

カーテンをかけたい場所の幅と高さサイズを測っておきます。木製ポールは幅よりも少し長めのものを用意します。ロープの長さは、高さ×2に編み目分の余裕が必要です。編み目の数は好みで変えられますが、ロープはカットしてしまうと、後で調整できません。長さの決定は慎重にします。同じ位置に2本ずつロープをかけるので、14ヵ所にかけるとするなら、合計28本のロープを準備しましょう。

おしゃれなマクラメ編みカーテンの作り方

1. 木製ポールに、ロープを等間隔にかけるため、メジャーで測って印を入れましょう。
2. 1ヵ所に2本ずつのロープを中央で折り返して、かけます。
3. 前後で4本となるロープをポールの近くで、まとめて一結びします。すべてのロープを同様に結びましょう。
4. ここからは、4本を1セットにする平結びの方法を使います。まずは同じ位置にかかっている4本で平結びします。
5. 平結びは中の位置にある2本を外側の2本で包み込むようにする結び方です。外側のロープの片方が中2本のロープの上を通るように、もう片方は、中2本のロープの下を通るようにして2回結ぶと、平結びになります。
6. 次に、セットの4本を中央で2本ずつに分け、隣り合う2本と2本をセットにして、平結びにします。
7. あとは、この作業を好みの位置まで繰り返していきましょう。
8. 木製ポールを予定の場所に吊り下げ、ロープを好きな長さでカットします。
9. ロープの端をマスキングテープで巻いて始末し、完成です。

マクラメ編みカーテン作成のポイント

カーテンを作るには、かなりの長さのロープと作業のスペースを必要とします。ポールを吊り下げて固定できる場所があれば、便利です。大がかりな作業となるので、少し根気が要りますが、その分だけ、できあがりの喜びも大きいものとなるでしょう。

編み方は1度覚えれば、その繰り返しなので、すぐに慣れていきます。ただし、ロープの上下を間違えると、結び目の形が違ってきます。ロープを動かす順番を決めておくと、間違えにくくなります。

さまざまな応用ができるマクラメ編み

マクラメ編みは、基本的な編み方を知れば、さまざまな応用ができます。編み目を一定の間隔にするのではなく、長さに少し変化をつけてみたり、中央と左右で編み目の終わり位置を変えてみたり。結び目を連続させてもよいでしょう。それによって、編む模様を好きなようにデザインすることができます。また、編むもののサイズを小さくすれば、タペストリーやプラントハンガーなどにも応用可能です。余裕があれば、ビーズなどを編みこんでも素敵なものになります。

ロープで作るカーテンは、布のように面で空間を塞ぐわけではないので風通しもよく、ちょっとした目隠しや間仕切りにぴったりです。ナチュラルテイストなインテリアにも似合うマクラメ編みカーテン、ぜひチャレンジしてみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 糸

    ハンドメイドで簡単に作れる鍋つかみの作り方

  2. 糸

    ハンドメイドで作る革を使ったキーホルダーの作り方

  3. handemade

    ハンドメイドで百均すのこが百変化?

  4. handemade

    作り方は簡単!人形の服をハンドメイド!

  5. 刺繍

    100均アイテムでできる!革・レジン・プラバン・粘土で手作りキーホルダー

  6. handemade

    初心者必見!樹脂粘土で作る簡単雑貨のポイントまとめ

  7. handemade

    ハンドメイド講座で人気のデコパージュについて

  8. handemade

    結婚式を彩るハンドメイドグッズ

  9. handemade

    気分がアガる!スマホケースをアレンジしてみる

ハンドメイド資格講座ランキング