注目の記事 PICK UP!

50cmで作れる!ハンドメイド布小物の作り方3選

ティシュケースとキーケースの作り方

「ちょっとだけはぎれが残っているけど、何かに使えないかしら」ということはありませんか?かわいいと思って購入した布も使うのがもったいなくて仕舞ったまま、という布があったら、ぜひ出してみてください。今回は50cmあれば作ることができるハンドメイドの布小物の作り方を紹介します。50cmといっても、布幅は90cmから140cmほどありますから、意外といろいろな布小物を作ることができますよ。

お気に入りの布でクッションカバー

生地が90cm幅以上あれば、クッションカバーを1つ作ることができます。一般的なクッションにつけることができるクッションカバーは、だいたい45cmのサイズなので、問題なく作ることができます。

◎作り方

1.縫い代を1cm取り、47cm×47cmにカットします。

2.45cmのファスナーをそれぞれの1辺に縫い付けます。

3.中表にして3辺を縫い合わせます。

4.端をロックミシンなどで処理してほつれ留めをしましょう。

5.表に返してクッションにかぶせましょう。

エコバッグやミニバッグも50cmでできる

ちょっとしたお出かけに使えるミニバッグや、お買い物の時に便利なエコバッグも50cmあれば作ることができます。まっすぐ縫いだけでOKなので、作り方が簡単なことも魅力です。

◎作り方

1.好みのサイズに布をカットします。縫い代は上部が3cm、それ以外は1cmで取ります。

2.布を中表にして底とサイドを縫い合わせます。端の処理も行いましょう。

3.取っ手を作ります。8cm幅でお好みの長さで取っ手を作ってください。35cmくらいが目安です。

4.取っ手は中表にして縫い合わせひっくり返してもいいですし、両端を1cm折り表から縫い合わせてもいいです。

5.本体に取っ手を取り付けます。中心から5cmから8cmほどを目安に取っ手を合わせ、布端を合わせて仮縫いしておきます。

6.バッグの上部を三つ折りにして縫い合わせます。取っ手の部分は厚みがあるので気を付けましょう。

7.取っ手部分を補強してしっかり縫い付けたら完成です。

小さなはぎれでも作れるがまぐち

表布と裏地が必要ですが、小さなはぎれでも作ることができるのががまぐちの魅力です。がまぐちパーツは100円ショップでも購入することができ、レシピも同封されているので比較的作りやすい布小物です。

◎作り方

1.型紙通りに布を切ります。表布と裏地、各2枚ずつ用意しましょう。

2.それぞれを中表にして縫い合わせます。

3.表布は表に返し、裏地はそのままの状態で表布の中に入れて組み合わせます。

4.表布と裏地がずれないように口部分を縫い合わせておきます。

5.がまぐちパーツの隙間にボンドを入れ、付属の紙ひもとともに本体の布を目打ちなどで差し込んでいきます。

6.はみ出たボンドを拭き取り、ペンチでがまぐちパーツで布をしっかり挟むように締めたら完成です。

小さくてかわいい布小物をハンドメイド

いかがでしたか?比較的簡単に作ることができる布小物の作り方を3つ紹介しました。ほかにもガーランドやクルミボタンなど、短時間で作ることができるインテリア布小物もたくさんあります。お気に入りの布でかわいい布小物を作ってみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 手作り

    ハンドメイドバッグの持ち手の付け方3ステップ

  2. 100均の「ガラス絵の具」でインテリアに彩りをプラスする方法

  3. 手作り

    のれんの作り方・そろばんケースとパスケース定期入れ

  4. ピアス

    化粧ポーチの作り方・チュールゴムとバラのコサージュの作り方

  5. 粘度あそび感覚!?100均で人気「おゆまる」でハンドメイド

  6. handemade

    キラキラなカラーが絶妙!100均ガラスタイルのアクセサリー

  7. まるで本物!100均の造花をつかったハンドメイドアクセ

  8. ワイヤー

    100均アイテムで、ユニークなアクセサリー収納

  9. 刺繍

    100均のフォトフレームを使った簡単ハンドメイド術