注目の記事 PICK UP!

紙粘土で簡単ハンドメイド!オーナメントやタグの作り方

クラフト

手軽にそして簡単にハンドメイドを楽しみたいという人におすすめなのが、紙粘土を使ったハンドメイドです。最近では紙粘土も軽量化され、カラーバリエーションも豊富になりハンドメイドをより楽しめるようになりました。紙粘土だとクオリティの低いものしかできないと思われがちですが、ハンドメイド初心者でも簡単に取り組むことができるオーナメントやタグの作り方を紹介します。

ハンドメイドの材料は100円ショップでそろえよう

ハンドメイドをより手軽に楽しむためには、100円ショップがとても便利です。今回紹介する作品に必要なものも、すべて100円ショップで手に入れることができるので、材料をチェックしたら100円ショップに足を運んでみてください。

◎必要な材料

・軽量紙粘土・・・白がおすすめです。

・クッキー型・・・丸やハート、鳥や花などお好みのものでOKです。

・レース・・・紙粘土の上に置き、レースの跡をつけるために使います。

・麺棒など伸ばすための棒・・・紙粘土を伸ばしたりレースの跡をつけるために必要です。ラップの芯でもOKです。

・ストロー・・・紐を通すための穴を開ける際に使用します。

・リボンや麻ひも・・・ストローで開けた穴に通して仕上げます。

作り方はとても簡単

1.紙粘土を袋から適量取りだし、軽くこねてから5mmほどの厚さに伸ばします。

2.伸ばした紙粘土の上にレースを置き、上から麺棒で押さえて跡をつけます。適当に間隔を開けながら全体にバランスよくつけましょう。

3.お好みの場所をクッキー型で抜いていきます。

4.紐を通す穴をストローで抜きます。

5.半日から1日ほど置いて乾燥させましょう。

6.紙粘土が完全に乾いたら、ストローで開けた穴に紐を通して完成です。

厚さはお好みや用途によって変えてください。薄く仕上げればタグとして使用できますし、厚く仕上げたものはオーナメントに向いています。型で抜いた部分を水で濡らした指で軽くなでると表面が滑らかになります。

アレンジ次第でハンドメイドのクオリティアップ

完成した紙粘土のオーナメントは、アレンジ次第でハンドメイドのクオリティをアップさせることができます。レースの跡の溝にアクリル絵の具を使って色を付ければ、カラフルでかわいい作品に仕上がります。トップにニスを塗れば光沢を出すこともできるので、イメージに合わせて使用するといいでしょう。また、レースで跡をつけるのではなく文字盤を使ってメッセージをつけたり、乾いてからデコパージュでカラフルに仕上げたり、アレンジの幅は無限大です。軽量紙粘土ではなく石粉粘土や木粉粘土を使えば質感の違うものをハンドメイドすることもできます。厚みを出してブローチとして加工してもかわいいですよ。

簡単にハンドメイドを楽しもう

いかがでしたか?紙粘土を使ってかわいいオーナメントを簡単にハンドメイドすることができます。オーナメントはクリスマスだけのものと思われがちですが、葉っぱや丸などナチュラルな印象のオーナメントを作って枯れ枝などに取り付ければ、1年中楽しむことができます。ラッピングの際にタグとして取り付ければスタイリッシュさもプラスされるのでおすすめです。たくさん作ってプレゼントしてみてはいかがでしょう。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. テープ

    自由にハンドメイド!100均のプラバンがおもしろい

  2. 手作りアクセサリーの作り方

    シールやモビールにも!100均の「クラフトパンチ」活用法

  3. 編み物

    カラー豊富な100均のフェルトで「フェルトクラウン」

  4. 縫物

    せっけんをデコレーション?!流行りのデコパージュとは

  5. 定規

    ひと手間で差をつけちゃおう!100均の「木製カトラリー」

  6. 接着剤

    簡単!早い!100均グルーガンでハンドメイドを効率化

  7. レジンアクセサリー

    100均のUVレジン。好きな物を閉じ込めたアクセサリー作り

  8. 紙粘土タグをハンドメイド!ナチュラルで温かいギフトを。

  9. 型紙はA4用紙で簡単にバッグをハンドメイドしよう