注目の記事 PICK UP!

簡単!カゴバッグとトートバッグの作り方・ピアスの作り方

バッグ

今回は夏にピッタリな女性に人気のカゴバッグの作り方をご紹介致します。見た目がナチュラルで可愛いカゴバッグですが、実は簡単にハンドメイドする事が出来るんですよ。夏らしく涼し気なので、ぜひ普段使いや夏祭りの際などに使用してみてはいかがでしょう?

簡単なトートバッグの作り方をご紹介致します。トートバッグはメインバッグとしては勿論、サブバッグとしても大活躍するアイテムとなります。またお気に入りの大きさやデザインを試行錯誤して作る、貴方だけのオリジナルバッグハンドメイドして持ち歩いてみませんか?

カゴバッグの作り方の際に準備するもの

【材料】
・まずは土台となるカゴ。長財布が入る程度の大きさのカトラリー用のカゴがベストです。
・手ぬぐい。手ぬぐいは、家にあるのを代用しても大丈夫です。また購入、使用する際はカゴに1周させて長さが長めのものを使用しましょう。
・江戸打ちひも
・リボン家にあるものを代用して頂いて構いません。
以上の材料で作れますので100均で揃えますと、300円程度で揃うのでオススメですよ。今回はリーズナブルで編まずに出来る作り方を教え致しますので、失敗せず可愛いカゴバッグをハンドメイドできます。

カゴバッグの作り方の手順

  1. 土台のカゴの外周の1番長い所を測っていきます。その際1番長い所を測らないと、後で袋をつける際に大変なので気を付けて下さい。
  2. 次に手ぬぐいの上下を約4センチ程の幅で二つに分けていきましょう。カゴの入り口の見返しになります。
  3. 今度は袋部分を作る為、手ぬぐいの真ん中を使用します。
  4. カゴの中心から長辺の縁の下まで測り、そこからカゴが見えるように好みの高さ+1センチになる様にカットします。
  5. その袋部分の端を縫っていき袋を作って行きます。
  6. リボン。手ぬぐいのあまり部分でも代用出来ます。を約5センチに8本カットします。そのリボンを半分にし、袋の口部分を8頭分に分けて縫い付けます。ここで、気をつけて欲しいのは、両脇の縫い目の上には縫い付けないでください。
  7. 用意していた、見返しようの布を本体と同じ幅で縫います。その後中表にした袋本体と縫い合わせていきましょう。
  8. その後、表に返しミシンで形を綺麗に整えます。
  9. カゴ本体と袋を縫い合わせる為、カゴに袋を入れてひっくり返します。
  10. そうして周りを1周ぐるりと縫い合わせていき、固定しましょう。

そうして最後に江戸打ちひもを通していきますとリーズナブルなカゴバッグの完成です。今回は元々編んでいるかごを使用する事で作業の手間もかからないですし、しっかりした土台のカゴバッグとなります。

カゴバッグの作り方のアドバイス

カトラリー用のカゴを使用した事で編む作業が省かれて、カゴバッグが作りやすくなるんです。袋本体とカゴを縫い合わせる時は、真っ直ぐ縫うのが難しいですが、それはカゴの目がある為仕方ないので気にしないでください。また補強としてタコ糸などで縛っておくと強度が増しますので長持ちしますよ。

簡単トートバッグを作る際の準備するもの

【材料】
・トートバッグの素材になる様な好きな布
・糸。糸を選ぶ際にはトートバッグの雰囲気に合うものを選択致しますと、全体的な仕上がりがまとまって綺麗に見えます。

今回は簡単な作り方でハンドメイドを楽しんでいただきたいため、型紙を使用しない作り方で行います。またトートバッグに使用する布は無地だとシンプルに仕上がりアレンジがしやすくなりますが、デザインがプリントされているものを使用したりするのもオシャレで可愛らしく仕上がる為、布にはとことんこだわってみて下さいね。基本的な材料で始められますので、ご自身の使い勝手の良いように追加をして頂いて構いません。ご自身のイメージの数だけアレンジ方法がございますので、使いたい材料があれば使用していきましょう。

簡単トートバッグの作り方手順

  1. 最初にバッグ本体の布を切断していきましょう。ここでの切断のポイントは、作りたいバッグの大きさや縦横の比率など参考にしたいものがあれば、活用してください
  2. 持ち手の布を切断する。この際持ち手の布の幅は2センチから3センチが目安です。長さに関しましては、ご自身のイメージに合わせて肩にかける長さなどに調節してくださいね。
  3. バッグ本体の布を中表にして両脇を直線で縫っていき、整えてください。
  4. マチを作る為、マチ幅を決め線を引きその上を縫って三角形を作って下さい。
  5. バッグ本体の布上部を好みに合わせて三つ折りにして下さい。
  6. バッグ持ち手の布を裏側が上になる様に置き、上下の縫い代を内側に折り込んでアイロンでシワを伸ばして下さい。
  7. その後中心から半分に折って重ねた部分を縫い合わせます。
  8. そうして、先ほどのバッグの上部の部分と持ち手を縫い合わせます。

以上で簡単トートバッグの作り方の手順を終わります。ここでは基本のバッグの作り方を纏めていますので、アレンジを加えたい方は後から色々試してくださいね。

トートバッグの作り方のアドバイス

アレンジ方法としておすすめなのが、トートバッグ本体と持ち手を固定するため、持ち手に沿ってミシンがけをしたりもう一度手縫いするのが一番オススメてす。また、ハンドメイドに慣れてきましたら内側にポケットや、ファスナーなどを縫いつけますと更に使い勝手が良くなりますよ。その他にも取っ手とメインの袋部分の布を違うのを使用するのもおススメですよ。

まとめ

いかがでしょう?夏にピッタリなオシャレで可愛いカゴバッグが、リーズナブルな価格で簡単に作れるなんて驚きですよね。最初は難しいかもしれませんが慣れてきましたらカゴの大きさを変えて小物などを入れるインテリアグッズなどにより応用が利きます。また江戸打ちひもの部分にビーズを通したりしますと仕上がりがまた一段と可愛らしくなりますよ。女性の方に人気のカゴバッグをこの機会にぜひハンドメイドしてみてはいかがでしょうか?

また、簡単トートバッグの作り方の手順をご紹介させて頂きましたが、基本の作り方のみでも充分使い勝手の良い仕上がりになります。こちらの作り方をマスターしますと、お弁当箱などを入れるミニトートバックや、書類なども入る大きめのトートバッグを作る事も可能になりますよ。アイデア次第で持ち手と本体の色を変えたりや、レースなどを付けたりなどもしてみて下さいね。皆さんもトートバッグをハンドメイドしてみませんか?

革ひもはアクセサリー作りやラッピングに重宝するアイテム。チャームやアクセサリーパーツを通してシンプルに結ぶだけでも、おしゃれに見えますよね。一見スエードのように見えるスエード調のひもなら、100円ショップでも発見できるので、プチプラのアクセサリーに活用が可能です。スエード調のひもをメインにすれば、ナチュラルで甘すぎないアクセサリーになりますよ。スエード調ひもを四つ編みにするブレスレットの作り方をご紹介します!

子どもの頃に折り紙を経験したことのある人は多いでしょう。そんな折り紙をアクセサリーパーツに使ったピアスが人気となっているのをご存知ですか。華やかな柄で小さなサイズに作った折り紙は、それだけでアート。でも、幼稚園小学校で慣れ親しんだことがある人なら、折り紙は難なく折れるはずです。100円ショップにある多彩な折り紙を使って、自分好みのピアスを手作りしてみませんか。

四つ編みブレスレットを作るために用意するもの

・スエード調ひも2本
・ハサミ
・ボードとクリップ(押しピンなどでも)
・ひも10センチ

スエード調ひもは、同じ色2本を使っても、違う色にしてもかまいません。ボードとクリップ、10センチのひもは、スエード調ひもを編むときに固定するためのものです。雑誌と洗濯バサミなど、家にあるものを利用するとよいでしょう。

四つ編みブレスレットの作り方

1. 2本のひものうち1本を半分に折ります。折り目の部分がブレスレットの片側先端になります。
2. ボードを机に置き、上辺にあたる位置にクリップをとめます。スエード調ひもの折り目に10センチほどのひもをひっかけて、両端をクリップで固定します。こうすると、スエード調ひもを傷めません。スエード調ひもの中央の折り目は奥に、両端は手前にある状態です。
3. 二重になっているひもの下に、もう1本のスエード調ひもを、直角になるようくぐらせます。左右に出ている2本目のひもの長さが同じくらいになるように調節しましょう。右と左のひも同志を縦の二重ひもを包むように1回結びます。
4. 結んだひもは縦の二重ひもに沿ってずらせます。先端の折り目から1.5センチの位置に動かし、そこから四つ編みを作っていきます。編み始めは位置がずれやすいので気をつけて。
5. 4本並んだスエード調ひものうち、操作するのは常に右端のひもです。隣りのひもに対し、下にくぐらせ、上に通し、また下にくぐらせて、左端に移動させていきます。左端まで移動したら、次にまた、右端のひもを左に向かい、下上下と操作します。この作業を編み目が好きな長さになるまで、繰り返します。四つ編みがまっすぐになるよう、時折、指でなじませましょう。
6. 好きな長さまで編めたら、右端の1本で残りの3本をくるむように結びます。4本のひもを好きな長さでカットしてください。
7. クリップを外し、4本のひもの端を最初に作った輪の部分に通して、完成です。

おしゃれな四つ編みブレスレットを作るコツ

四つ編みの長さは手首にくるりと一周するだけでもよいし、二巻き分の長さにしてもよいでしょう。

最後の4本のひものフリンジ部分は、あまり短くすると輪から抜けやすくなってしまいます。10センチほどの余裕を持たせましょう。また、フリンジの先にそれぞれ結び目を作っておくと、抜けにくくなり、アクセントにもなります。1本ずつ結び目を作る、あるいは2本ずつ結び目を作るなど、好みでアレンジしてみてください。

ひもの先部分のカットを直角にするとナチュラルな感じに、斜めにするとシャープな印象です。仕上げたいイメージで、カットの方法も変えてみるとよいですね。

四つ編みに慣れたらアレンジも試してみて

100円ショップのスエード調ひもは革製品によくある茶系やベージュ系のものから、カラフルなものまで揃っています。カラーの選択で大人っぽくもかわいらしくも作れるので、家族でお揃いのものを持ってもよいですね。

ひもを編む方法には、四つ編みのほかにもさまざまあり、素材がひもだけに他の素材と組み合わせたり取り付けたりすることも簡単です。ご紹介した方法では、フリンジを輪に通すことでブレスレットにしていますが、ブレスレットの両端にメタルパーツを取り付けて留め具にすることもできます。メタルビーズやチャーム、天然石と合わせても素敵なブレスレットになりますよ。

革ひものアクセサリー作りをやり始めたら、いろいろな方法を試してみたくなるかもしれませんね。スエード調ひもならチャレンジも簡単なので、まずはベーシックな四つ編みブレスレット作りから、ぜひやってみてくださいね。

折り紙ピアスのハンドメイドに準備するもの

・折り紙
・UVレジン液
・筆
・9ピン
・ピアス用パーツ
・ニッパー
・平ペンチ
・針
・あればUVライト

UVレジン液は透明な樹脂で、紫外線にあてることによって硬化します。アクセサリーや手工芸に大活躍するアイテムですが、手芸店のほか100均でも手軽に購入できます。レジンを使ったクラフトやジェルネイルをする人なら、UVライトを持っているかもしれません。UVライトをあてればレジンの硬化スピードは早くなりますが、晴れた日の日光を利用するのでも大丈夫です。季節によっても異なりますが、30分ほどで固まります。

かわいさ再発見!折り鶴ピアスの作り方

折り紙の中でも代表的なのが折り鶴。インドアの遊びにあまり興味がなかったという人でも、千羽鶴などで経験があるかもしれませんね。身近すぎる折り鶴ですが、改めて見ると、正方形の紙から作れるのが不思議なくらい、繊細でかわいらしい形です。

1. 4センチ×4センチの折り紙で鶴を折ります。1つ作ってみて、できあがった大きさを変えたければ、もとの折り紙の大きさを調整しましょう。くちばしや尾など細かな部分は針を使うと形が整います。
2. 折り鶴の中央を縦に貫通するように、針などで穴を開けます。
3. 9ピンの丸くなっている方を上にして、鶴の穴に通します。
4. 鶴の下方から出た9ピンの先を、作業しやすいようにニッパーでカットします。切り過ぎないように注意してください。
5. UVレジン液を容器に出し、筆で鶴に塗っていきましょう。きれいに仕上げるため、上側と下側、2回に分けて塗ります。まずは鶴の上部、9ピンが通っている周辺から始め、外側に塗っていきます。細かな部分も丁寧に。上部が終わったら、一旦太陽光にあてて硬化させます。
6. 1回目のレジンが硬化したら、今度は下部を塗っていきましょう。やはり9ピンの周りから塗り、隅々まで塗り広げます。もう一度太陽光にあてます。
7. 全体のレジンが十分硬化したら、9ピンも固定されているはず。鶴の下から出た部分をギリギリのところでカットします。
8. 9ピンの丸の部分は片方が開くようになっています。平ペンチで開閉し、ピアス用のパーツと繋げたら、完成です。

アクセサリーデザインを気軽に楽しめる!

もちろん折り紙で折れるものなら、鶴でなくてもかまいません。紙ひこうきや蝶、手裏剣型なども面白いですし、立体に完成する星型も素敵です。

折り紙単体でピアスにしてもかわいらしいですが、さまざまなアクセサリーパーツと組み合わせると、アレンジの仕方はぐんと広がります。チェーンやビーズ、トンボ玉など合わせて、自分だけのデザインを考えるのも、ハンドメイドの楽しさですね。

また、レジン液ではなく、透明なマニキュアを塗っていくという方法もあるので、マニキュアを持っているなら、まずはそれを使ってみるとよいでしょう。

洋服にも和服にも合わせやすい折り紙ピアス

100円ショップに置いてある折り紙の柄は、ポップなものから和柄まで多種多彩。ほんの1枚でピアスができてしまうから、要領がわかったら、いろんなパターンの柄や形を作っておくことができますね。どんなファッションにもぴったりのカラーのピアスを選べますし、和柄の折り紙ピアスなら、和服や浴衣のときにも似合います。

折り紙は、加工がしやすい上に軽いのが特徴ですが、破損しやすいのが難点です。そんな弱点をカバーするのがレジン。レジンコーティングがツヤを出し、丈夫にもしてくれるので、折り紙素材のアクセサリーを可能にするのですね。

折り紙アクセサリーの材料は、100均でも入手できるのでとても手軽です。折り紙ピアスで耳元のおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 素材の宝庫!100均でパーフェクトなピアスをハンドメイド

  2. アクセサリーの作り方

    レジンピアスをハンドメイド!必要な材料と作り方を紹介

  3. ハンドメイド

    材料の宝庫!100均アイテムでできるハンドメイド棚

  4. ビーズ

    ハンドメイド初心者も安心の簡単ピアスの作り方

  5. 手作り

    初心者簡単!イヤリング・スケルトンリーフ・布ナプキンの作り方

  6. ティシュケースとキーケースの作り方

    50cmで作れる!ハンドメイド布小物の作り方3選

  7. ハンドメイド

    minneとcreemaを比較!100均の瓶でスノードームをハンドメイド

  8. 接着剤

    簡単!早い!100均グルーガンでハンドメイドを効率化

  9. 手作り洋服の作り方

    ハンドメイド初心者でもOK!簡単フェルトアクセサリーの作り方