注目の記事 PICK UP!

簡単に作れるトートバッグ・カゴバッグの作り方

バッグ

ハンドメイド人気が過熱する今、「私も何かハンドメイドで作ってみたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。ハンドメイド初心者だと、何を作ればいいのかわからないという人もいるかもしれません。今回はハンドメイド初心者でも安心して作ることができる、簡単トートバッグの作り方を紹介します。ぜひお気に入りの布で作ってみてくださいね。

まずは材料集めから始めよう

トートバッグを作るために必要な材料を集めることから始めましょう。必要な材料は次のとおりです。

・表の布

・裏地の布

・両面接着タイプの接着芯

・バッグの持ち手用のアクリルテープ(25mm幅)

バッグの表になる布は、やや厚めの布がおすすめです。裏地になる布は厚地は避けやや薄めの生地を選びましょう。接着芯は100円ショップでも購入することができる手芸アイテムで、布と布の間に挟んでアイロンで加熱することで2枚の布を貼り合わせることができます。さらに布の強度をアップさせることもできるだけでなく、簡単に裏地を付けたバッグを作ることができるので用意しておくことをおすすめします。バッグ用のアクリルテープも100円ショップで購入することができます。様々なカラーがあるので、布の色に合わせた持ち手を用意しましょう。

いよいよバッグを作り始めましょう

1.まずは作りたいバッグの大きさに布をカットします。縫い代はサイドと底が1cm、バッグの口は3cmつけます。

2.表地と裏地の間に接着芯を挟んでアイロンで加熱して張り合わせます。布の表側が表面に出るように張り合わせてください。

3.表布を内側に合わせて、サイドから底、そしてサイドとぐるりと縫い合わせましょう。縫い合わせた部分にジグザグミシンをかけると仕上がりが綺麗になります。

4.バッグの口を三つ折りにして縫い合わせます。1cm折ってからさらに2cm折り返し、折り返した際をミシンで縫っていきます。

5.バッグの内側に持ち手を付けます。バッグの大きさにもよりますが、バッグの中心からそれぞれ3cmから6cmを目安に持ち手を取り付けます。アクリルテープのほつれが気になる場合は、ライターで切り口を軽くあぶっておくとほつれを留めることができます。

6.表に返したらトートバッグの完成です。お好みでリボンやワッペンなどの装飾品をつけてオリジナリティをプラスしましょう。

バッグ作りのポイント

綺麗に仕上げるためには、きちんと寸法を測って裁断することや、縫い合わせた後に端ミシンをしっかりかけることがポイントです。持ち手を付ける際にも、左右をしっかり測らないとバランスの悪いバッグになってしまいます。縫い合わせてしまう前に待ち針で仮留めしてみて、実際にバランスを見てから縫い合わせるようにしましょう。

お気に入りの布でハンドメイド

いかがでしたか?今回紹介したトートバッグの作り方は、「裏地付きのバッグを作りたいけど裏地付きは面倒」という人にもおすすめしたい作り方です。簡単に裏地付きのトートバッグを作ることができるので、ワンランクアップしたトートバッグの完成です。お気に入りの布を見つけたら、ぜひ今回紹介したトートバッグをハンドメイドしてみてくださいね。

赤ちゃんのよだれかけは、いくら取り換えてもきりがない、と困っている人も多いのではないでしょうか。もちろん、よだれかけをたくさん揃えておけばよいのでしょうが、赤ちゃんのよだれは少し大きくなればおさまるもの。できることなら、よだれかけにかける予算を抑えておきたいものですね。とはいえ、赤ちゃんだってかっこよくしたいと思うのもママの本音…。それなら、100均のバンダナを使って、かっこいいスタイをハンドメイドしてみませんか。

暑い季節には夏らしい身軽なファッション、そして涼しげなバッグを合わせたいものですね。爽やかな夏向きファッションや浴衣には、カゴバッグがぴったりです。カゴと布という異素材を組み合わせたおしゃれなバッグは、100円ショップのアイテムを揃えれば、自分でも手作りできます。素材や柄によっては、洋風にも和風にもアレンジできるのが、ハンドメイドのよさですね。簡単カゴバッグの作り方を見ていきましょう。

バンダナスタイを作るために用意するもの

・バンダナ2枚
・タオル
・スナップ(マジックテープ)
・ハサミ
・目打ち
・マチ針
・ミシン(手縫いでもOK)

100円ショップのバンダナはカラーが豊富で、よだれかけの大きさにも十分対応できます。赤ちゃんのファッションにこだわりがあり、思ったようなデザインのスタイが見つからない、という人におすすめ。中布には赤ちゃんのよだれを吸収しやすいタオル地やガーゼ地を使用しましょう。

バンダナスタイの作り方

1. よだれかけの形を決めましょう。よだれかけの下に垂れる部分は、バンダナの角の1つを活かします。首の部分は、手持ちのよだれかけを参考にすると簡単です。
2. バンダナ2枚を中表にし、更にタオル地を重ねます。バンダナを斜めに置き、角の1つが真下にくる状態でよだれかけを重ね、マチ針でとめます。
3. よだれかけから縫い代1センチ分外側をハサミで裁断していきます。バンダナ角の1つはそのままに。
4. バンダナとタオルからよだれかけだけを外し、マチ針をつけ直します。
5. 端から1センチの部分を、ぐるりと縫っていきます。返し口を5、6センチ開けておくので、縫い始めは直線部分から。縫い始めと縫い終わりは返し縫いしておきましょう。
6. タオルとバンダナ1枚分の縫い代を半分にカットしておきます。
7. 表に返したときに、ごわごわしないよう、カーブしたところの縫い代に切り込みを入れます。
8. 表に返し、目打ちを使って、形をきれいに整えてください。
9. 返し口をまつり縫いでとじ、端から2、3ミリの位置をぐるりと一周縫い、ステッチをかけます。
10. スナップボタンかマジックテープを取り付けて、できあがりです。

リバーシブルにも本格的にも作れるスタイ

三角形をアレンジした小さめサイズなら、バンダナ1枚でも作成可能ですが、異なるバンダナでリバーシブルに作ると更におしゃれです。

また、裏布自体をタオルやガーゼにすれば、もう1枚のバンダナは要りません。タオルの生地によっては、スナップやマジックテープが取り付けにくい場合があります。少し手間はかかりますが、スナップを付けたい部分だけ、余ったバンダナ生地部分でカバーしておけば、スナップの取り付けや、後々のスタイの装着がスムーズです。

裁縫に慣れている人なら、端をバイヤステープで処理すると、なおのこと本格的な仕上がりになります。

ハンドメイドでおしゃれなスタイを

100円ショップには、バンダナのほか、手ぬぐいの種類も豊富にあって、人気となっています。和柄だけでなく、おしゃれな洋風のもの、かわいい動物柄などが揃い、選ぶのに迷うくらいですね。使い勝手のいい手ぬぐいをハンドメイドスタイに利用するのもよいでしょう。きっと誰もつけていないおしゃれなスタイができあがるはず。

よだれかけはそれほど大きいものではないので、ミシンがなくても手縫いでもそれほど時間がかかりません。バンダナもタオルも手軽に手に入るものなので、思う存分よだれかけを作れます。いろんなカラーのものを縫っておけば、赤ちゃんのその日のファッションに合ったスタイが選べます。ぜひ愛情たっぷりのおしゃれなスタイを赤ちゃんに準備してあげてくださいね。

手作りカゴバッグのために準備するもの

・カゴ(カトラリー用や小物入れ用など)
・手ぬぐい
・リボン
・紐
・糸(あるいはテグス)
・針
・タコ糸

カゴバッグは、カゴの中に巾着袋が収まった形です。カゴに布が収まったときをイメージして、双方の相性のよいデザインや柄のものを準備しましょう。浴衣用には、手ぬぐいの質感、柄が似合います。好みで、コサージュやビーズを取り付けても素敵です。

カゴバッグの作り方

1. カゴについている取っ手など、付属品を利用しない場合は取り外します。
2. カゴの縁部分の外周を測ります。カゴの底の縦横、短い方の幅を測ります。
3. 測ったカゴのサイズを元に、巾着袋の仕上がりサイズを決めましょう。巾着袋の横幅は、外周の半分に余分の1センチを足したもの。巾着袋の縦の長さは、カゴ底の短い幅の半分に、カゴの高さ、見せたい布の高さ、そして折り返しの3~4センチ分を加えます。それに縫い代を加えることを忘れずに。サイズが決まったら、布を切りましょう。
4. 巾着袋の横幅に合わせて、高さ4センチの見返し部分を裁断します。
5. 布を中表にし、袋状に縫製します。
6. 袋の底部分のマチを縫います。カゴ底幅の半分サイズを一辺にした正方形の形に、縫い目を入れていきましょう。
7. 袋を表に返します。リボンを5センチに8つ切り、半分に折って、袋の口の外側に取り付けます。折り目を下向きにし、リボンの端を袋の口に揃えます。リボンの間隔が等分になるように測った位置に縫いつけましょう。
8. 見返しの下側を折り返して縫い、上側を本体の袋の口に合わせ、中表に縫い合わせます。見返しを内側に折り込むと、リボンが上に出てきます。アイロンで押さえて、端から1ミリの位置にステッチのミシンをかけましょう。
9. カゴに巾着袋を収め、布をカゴに沿わせるように、縁部分から下向きに折り返します。
10. カゴの内側も外側も布の裏地が見えている状態です。カゴ縁の少し下の位置で、中の布から外の布まで針を通すようにして、カゴに袋を縫いつけていきます。半返し、本返しなどで、しっかりと一周縫います。
11. 丈夫にしたいなら、更に、縫い目と同じ位置にタコ糸をしばりつけます。リボンに紐を通して、できあがりです。

仕上げ方さまざまなカゴバッグ

上記の袋では、紐をリボンに通す形にしていますが、もちろん布で紐通し部分を縫ってもかまいません。巾着袋作りに手慣れている人なら、紐通しやマチの作り方に自分の好みのやり方があるでしょう。

また、同じサイズで中袋を作って、内側に縫いつけると、更に美しく仕上がります。袋を開いても縫い目が見えないので、市販品のように見えますね。

カゴの持ち手をそのまま利用する場合は、手に持ったときも巾着袋が落ちないので、カゴと繋ぎ合わせなくても大丈夫です。取り外し可能な巾着袋とカゴは別々に使ったり、セットにしたりと、いろいろな使い方ができて便利です。小さいサイズのカゴバッグなら、カゴと袋を糸で縫いつけなくても、接着剤で簡単にくっつけることができます。

見た目に涼しくおしゃれなカゴバッグ

基本の巾着袋をハンドメイドできれば、さまざまな形に応用ができます。カゴバッグもそのうちの1つ。100円ショップでは素材や形のさまざまなカゴが見られます。そんなカゴに巾着袋を合わせれば、収納だけでなく持ち運びにも便利なバッグに変身。すき間のあるカゴと布地に糸を通して合体させるのは、意外と簡単です。

涼感たっぷりのカゴ素材は、浴衣を始めとした夏用スタイルによく似合います。持っている浴衣の柄や色に合わせた手ぬぐいを選べば、自分に最適のバッグを作れますね。持ち手や紐部分の装飾に工夫を凝らして、オリジナリティあふれる一品にできるのも、手作りならでは。

暑い季節も、オリジナルカゴバッグを持てば、うきうき出かけたくなってしまうかもしれません!ぜひ、夏のおしゃれに取り入れてみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. ワイヤー

    100均アイテムで、ユニークなアクセサリー収納

  2. Tシャツヤーンでアクセサリーをハンドメイド!簡単作り方を紹介

  3. ハンドメイド

    100均の「スエード調紐」でゆるゆる簡単ハンドメイド

  4. アクセサリーの作り方

    レジンピアスをハンドメイド!必要な材料と作り方を紹介

  5. 手作り

    初心者必見!簡単!スマホケースとキーケースの作り方

  6. ビーズ

    ハンドメイド初心者も安心の簡単ピアスの作り方

  7. 刺繍

    100均のフォトフレームを使った簡単ハンドメイド術

  8. 100均アイテムでハンドメイド!かわいい雑貨の作り方を紹介

  9. レジンアクセサリー

    100均のUVレジン。好きな物を閉じ込めたアクセサリー作り