注目の記事 PICK UP!

型紙なしのハンドメイド!マチ付きバッグの作り方

バッグ

お買い物用のエコバッグや、お子さんの通園バッグなど、マチ付きのトートバッグは様々なシーンに大活躍するアイテムです。マチ付きのバッグとなると、なんとなく難しそうなイメージがありますが、実はとても簡単にハンドメイドすることができます。ハンドメイドならバッグの大きさもマチの広さも好みに合わせて作ることができるという点が最大の魅力です。今回は、型紙なしで作れるマチ付きバッグの作り方を紹介します。

マチ付きバッグの必要な材料

まずは材料を揃えましょう。布はお好みのもので結構ですが、やや厚地でしっかりしたものがおすすめです。タオル地やガーゼ、シーチングなど薄手の生地を使う場合は、裏地をつけるとしっかりしたバッグを作ることができます。持ち手部分には接着芯を貼ります。接着芯とは、生地の強度を高めるために使うもので、アイロンで接着することができます。100円ショップでも購入することができるので、用意しておくことをおすすめします。バッグにオリジナリティを出したい場合は、レースやワッペンなどお好みのものを用意してください。

生地を裁断しよう

材料の用意ができたら生地を裁断します。仕上がりサイズをイメージし、縫い代をつけて裁断します。30cm×40cmのバッグを作る場合、仕上がり寸法は30cm×80cmで裁断しましょう。縫い代は両サイドが1cmずつ、バッグの口になる部分は4cmずつつけるので、32cm×88cmで裁断することになります。持ち手の部分は、8cm×30cmを2本裁断します。

生地を縫い合わせよう

いよいよ生地を縫い合わせます。布を中表にし、両サイドをミシンで縫い合わせます。縫い合わせた部分はジグザグミシンで端処理をしておくとほつれにくくなります。次に持ち手部分を作りましょう。接着芯を持ち手の布の裏に貼っておきます。両方の長手部分を1cm折り返し、さらに半分に折って縫い合わせます。『わ』になっているほうもミシンをかけておきましょう。縫い合わせる前にアイロンであらかじめ折り目をつけておくと縫いやすいのでおすすめです。バッグの口を作ります。バッグの口は三つ折りで縫い合わせますが、こちらもあらかじめミシンで折り目を付けておきます。三つ折りにしたバッグの口の中心から3cmのところに持ち手を挟み、一緒にぐるりと一周縫い合わせます。持ち手を上に上げて縫い留めて表に返したらバッグ本体は完成です。

マチを作ろう

最後にマチを作ります。バッグは裏返しておきます。底になる部分とバッグのサイドを重ねて三角にし、お好みで角から3cmから5cmほどのところで縫い合わせます。もう片方のマチも同様に作りましょう。一度表に返してみて、マチのバランスを見てみてください。バランスが悪いようなら一度ほぐし、縫い直してください。バランスが良ければミシン目から1cmほどのところをカットして角を落とし、端ミシンをかけたらマチの完成です。

ハンドメイドでバッグの完成

いかがでしたか?意外と簡単にマチ付きバッグをハンドメイドすることができます。レースをつける場合は、サイドを縫い合わせる前にレースを縫い付けておきましょう。用途に合わせて大きさやマチのサイズを変えて、いろいろなバッグを作ってみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. ビーズ

    ハンドメイド初心者も安心の簡単ピアスの作り方

  2. 紙粘土タグをハンドメイド!ナチュラルで温かいギフトを。

  3. 手作りアクセサリーの作り方

    ハンドメイドでアクセサリー作りに挑戦!簡単ピアスの作り方

  4. 100均の「ガラス絵の具」でインテリアに彩りをプラスする方法

  5. 素材の宝庫!100均でパーフェクトなピアスをハンドメイド

  6. ハンドメイド

    100均の「スエード調紐」でゆるゆる簡単ハンドメイド

  7. レジンアクセサリー

    100均のUVレジン。好きな物を閉じ込めたアクセサリー作り

  8. 接着剤

    「木製クリップ」をマステで変身!簡単ハンドメイド

  9. アクセサリーの作り方

    レジンピアスをハンドメイド!必要な材料と作り方を紹介