注目の記事 PICK UP!

化粧ポーチの作り方・チュールゴムとバラのコサージュの作り方

ピアス

革の化粧ポーチは出来上がりの完成度が高くて高級感があり、女子力アップ間違いなしの化粧ポーチが作れます。ちょっと大人っぽい化粧ポーチで心を上げて行きましょう。それでは作り方をご紹介していきます。

自分の持っている化粧道具に合わせて化粧ポーチを手作りしてみませんか。簡単に作れる化粧ポーチばかりを集めてみました。お化粧直しの時間はさりげなくおしゃれなポーチで周りの皆に差を付けちゃいましょう。

材料

・革の生地30cm×16cm
・ファスナー14cm
・革用ミシン針
・革用ミシン糸
・革用接着剤
・細い両面テープ

ファスナーの処理

ファスナーの閉じ終わりの方のファスナーのひもを短く処理します。上止ぎりぎりでテープを折りエレメントにテープがかからないように接着剤で貼り付けます。

ファスナーに縫い付ける

ファスナーに革の生地の端をそのまま縫い付けます。革用のミシン針と糸を使って縫いましょう。待ち針で留めたりできないので、仮止めで革用の接着剤を使いファスナーと革を貼り合わせてからミシンで縫います。生地がずれないように注意しながら縫い付けてください。

マチを折って脇を縫う

ファスナーに革が縫い付け終わったら裏返して底を一度半分に折ってから両脇の上の方にミシンをかけます。こうしておいてから底を谷折りして山が2つできるように折って、端に細い両面テープで仮止めしてからミシンで縫います。こうして折ることでふっくらとしたマチに仕上がります。重なりが厚くなるのでゆっくりと縫い合わせましょう。

裏返して完成

裏返してファスナーの端をきれいに処理したら完成です。ファスナーに同じ生地で革紐を作り取り付けたり、タッセルを付けたりしてもすてきです。

革選び

革選びがとても重要です!おすすめはヌバック生地。女性らしい滑らかな革が特徴です。

・柔らかな風合いのヌバック
ヌバック生地は表面にサンドペーパーをあてて毛羽立たせてあるのでスエードやベロアに比べてしっとりと柔らかな質感のある毛羽立ちで上品な化粧ポーチを作るにはもってこいです。

・スムース
一般的な革の生地です。鞣して染色された革で厚みも色もさまざまあります。光沢感のある仕上げがされたものや風合いを生かして染色だけされたソフトスムースなどもあり、好みによって選びたいですね。

こんなアイデアも

・キャラメルポーチ
四角い箱のように作るキャラメルポーチも容量が多く口が広いのでマスカラやアイブロウなどを入れても取り出しやすく化粧ポーチにぴったりです。

・ガマ口のポーチ
ガマ口も口が大きく開くのでお化粧道具を出し入れしやすいです。持ち姿も様になります。

・ロール化粧ポーチ
帯状になった生地のポケットに挿して巻いて使うロールポーチもすてきです。筆やペンを挿して別使いしてもいいですね。

・手縫いで
手縫いをすれば厚めの革も縫うことができます。きれいな縫い目を出すには練習が必要ですが、思ったよりも簡単に縫えるので厚手の生地を見つけたらあきらめずに手縫いにもトライしてみてください。

水に強いラミネート生地で作る化粧ポーチ

洗面所で使うときに水濡れの心配がないラミネート生地の化粧ポーチは仕上がりも大満足です。

用意する物
・ラミネート生地
・ファスナー
・針/糸/ハサミなど

作り方
1.ラミネート生地を縦長に切り出します。(前と後ろを繋げて作ります。柄の向きがある場合は2枚切り出してください。)
2.生地を中表にしてファスナーを縫い付けます。
3.中表にしたまま脇を縫合わせます。
4.マチをつけます。底の線と脇の縫い目を合わせるように重ねて角を縫います。
5.表に返してファスナーの端をきれに処理すれば完成です。

フェイクファーのガマ口ポーチ

フェイクファーのガマ口ポーチは大きなガマ口金具を使って作ります。作り方はとても簡単なのでぜひ手作りしてみてください。

用意する物
・フェイクファー
・裏地
・ガマ口金具
・紙ひも
・ボンド
・マイナスドライバー
・ラジオペンチ
・つまようじ

作り方
1.フェイクファーと裏地をガマ口の金具の形にしたの袋の大きさに切りだします。袋の部分には1cmのぬいしろを付けておきます。

2.裏地とフェイクファーの生地をそれぞれ中表に合わせて袋の部分を縫い合わせます。

3.フェイクファーの生地だけ表に返したら裏地の中に入れて口の部分の左右の脇を5~10cm程度縫い合わせます。金具の大きさに合わせて返し口が開くくらいのサイズで縫ってください。縫い目が金具を付けたときに出ないように気をつけてくださいね。

4.左右の縫い目と縫い目の間から布を表に返します。

5.金具の溝にボンドを塗りつまようじで塗り広げたら半乾きにして布を入れます。フェイクファーが入りづらいときはカミソリで上の毛を少し剃って薄くしておくといいでしょう。

6.紙ひもをマイナスドライバーを使って溝に入れ込みます。最後にラジオペンチを使って金具の端を潰したら完成です。ラジオペンチを使うときは当て布をして金具が傷つかないように気をつけましょう。

スエードで作る化粧ポーチ

スエードを縦長に切り出して脇を縫合わせるだけの簡単ポーチです。筆入れに使ってもいいですね。書類入れのようにひもをパーツに掛けて留めます。

用意する物
・スエードの生地
・革用ミシン針
・革用ミシン糸
・カシメ2つ
・穴あけポンチ
・革ひも

作り方
1.スエードの生地を袋部分にフタを足した長さ分縦長に切り出します。革ひもを留めるための丸いパーツも2つ切り出しておきます。直径3cmくらいの小さな円でOKです。作りたいサイズに合わせてデザインしてください。

2.袋部分を折って脇をミシンで縫います。そのまま使うので縫い始めと縫い終わりはしっかり返し縫をしておきましょう。

3.1で切り出しておいた円のパーツとフタの部分とフタを閉じたときに下にくる部分に穴あけポンチで穴を開けて円のパーツをカシメで取り付けます。

4.革ひもを取り付けたパーツに掛ければ完成です。

まとめ

いかがでしたか。革の化粧ポーチは端の処理も要らないので縫ってひっくり返すだけで簡単にポーチが作れてしまいます。ブラウンやブラックとお決まりの色でも十分すてきな化粧ポーチになりますが、シャーベット色の革や鮮やかな黄色やオレンジの革でも革の素材感が加わることでとてもおしゃれな化粧ポーチになります。高級感のある化粧ポーチをぜひ作ってみてください。粧ポーチも簡単に手作りすることができます。素材選びでおしゃれ度が決まってくるのでぜひすてきな生地を見つけてください。

毎日のファッションに合わせて、ヘアアクセサリーだって着替えたいですよね。豊富にあるヘアアクセサリータイプの中でも、注目を集めているのがチュールゴム。適度なボリューム感のあるリボンがふるふる揺れて、まとめ髪や編んだ髪に大人っぽいかわいさをプラスしてくれます。そんなチュールゴムを使ってみたい!と思ったら、自分で手作りしてみましょう。100均の材料を使って、チュールゴムをハンドメイドするのはとても簡単。チュールゴムの作り方をお伝えします。

肌触りが優しく、見た目にも温かみのあるフェルト生地。ほかの布地とは違って特徴的なのは、ハサミでカットしても、糸がほつれてこない点です。布端の処理が楽なので、いろいろな活用法があり、100均でも手に入るフェルトは、手芸好きにはとても便利なアイテムですよね。この便利なフェルト生地を使えば、立体の花も簡単に作れます。花が作れるなら、式典の装いなどに胸元を飾るコサージュだってアレンジできます。ここでは、フェルト生地を使ってバラのコサージュを作る方法をご紹介していきましょう。

チュールゴムを手作りするときに用意するもの

・リングゴム
・リボン
・ホツレ止め液
・ハサミ

ベースとなるゴムは好みの太さ、色のものを用意します。リングゴムを使うと、結び目がなく、きれいです。リボンも好きな幅、カラーのものを2、3種類を用意しましょう。オーガンジーのリボンが、チュールゴムのふわふわ感に似合います。

チュールゴムの作り方

1. 使いたいリボンをそれぞれ25センチ程度の長さにカットします。
2. リボンの両端をまっすぐ、あるいは斜めの線になるよう、ハサミで整えます。
3. リボンの切り口にホツレ止め液を塗り、乾燥するまで20分ほど待ちましょう。
4. ゴムにリボンを取り付けていきます。リボンを約半分に折り、折り目のある側を少しゴムの輪の中に差し入れます。リボンの輪となったところに、ゴムの逆側からリボンの両端を入れ、引き締めます。
5. リボンがゴム全体の1/4~1/3となるよう、続けてリボンを取り付けていきましょう。
6. リボンによっては、結び目がほどけやすいので、ゆるくなりそうな結び目には、ホツレ止め液を垂らしておきます。

リボンの長さや先の形、ボリューム感は好みでOKです。

自由なアレンジができるチュールゴム

好きなリボンをゴムに取り付けていくだけなので、とりたてて難しい作業はありません。リボンやゴムの選び方によって、アレンジ方法が幅広いため、自分のファッションに合うものを、バリエーション豊富に作っておけますね。

リボンはオーガンジーやネット状の透け感のあるものがぴったりですが、コットンのリボン、レースなどを取り合わせてもかわいらしくなります。リボン端をすべて同じ長さに作ってもよいし、あえて揃えず長さを違えてもよいですね。

複数のリボンを一緒に結ぶと、チュールのボリューム感がアップします。透け感のあるものとないものを取り混ぜて結ぶ場合は、透けるリボンの方が外側に出るように注意すると、きれいです。

チュールゴムならナチュラルに女子感アップ

リボンをいわゆるリボン結びにしないチュールゴムは、子どもっぽくならず、それでいて揺れるリボンがヘアスタイルをかわいく飾ってくれます。ゆるいテール部分ばかりを集めているので、髪にナチュラルな遊び心がはずんで見えますよね。

自分でハンドメイドすれば、カラーやリボン素材の取り合わせも自由。100円ショップのアイテムも上手に取り入れれば、低予算でかわいいチュールゴムができてしまいます。上記のチュールゴムではリボンの垂れを活かす結び方をしていますが、幅広のリボンを短く使って固結びにすれば、シュシュにもアレンジできますよ。

優しい雰囲気のチュールゴムなら、きっとフェミニンさもアップ。さっそく手作りして、ぜひ明日からのヘアスタイルに使ってみてくださいね。

バラのコサージュ作りに用意するもの

・フェルト生地
・ハサミ
・グルーガン
・ブローチピン
・針
・糸

フェルト生地は、バラの花用に好みの色を2、3色、葉っぱ用に緑系の色のものを用意しましょう。フェルト生地の接着にはグルーガンを使用しますが、グルーガンがない場合やよりしっかりさせたい場合は、針と糸で縫いとじてもよいでしょう。

フェルトのバラコサージュの作り方

1. 緑系のフェルト生地は、葉の形に2枚カットします。
2. バラ用の生地の基本形は円です。円が渦巻き状になるよう、ハサミを入れていきますが、このときに雲のような形の切れ目にします。
3. 渦巻きになったフェルトを中心から巻いていきます。花びらの付け根にグルーガンを使い、接着させながら、渦巻きフェルトを全部巻き付けます。大きさを変えた花を3つ作りましょう。
4. 葉と、花の配置を考え、ベースのフェルトを接着しやすい形にカットします。表面からは見えない大きさにするのがポイントです。
5. ベースに葉と花をグルーガンで取り付け、裏側にブローチピンを付けて、完成です。

雲のようなカーブの切れ目を入れることで、バラの花びらを表現します。カーブのゆるやかさ、ピッチなどで、できあがるバラの形が変わってきます。

バリエーション豊かなフェルトの花々

花びらのカーブがゆるやかで、巻く回数が少なければ、清楚なバラに、花びらの形がくっきりと、数多く巻かれてあれば、あでやかなバラになります。フェルトのカラーやバラの形を選べば、自分好みのコサージュが作れますね。

フェルトの花の作り方にはさまざまあり、作れる花はバラばかりではありません。上記のバラでは、円形のものを渦巻き状にカットしましたが、細長いフェルトの片側を花びらの形にカットして巻いていくと、細長い花びらならマーガレット、先をとがらせればダリアといったふうに、花びらの違いで花の種類を表わすことが可能です。丁寧な作り方では、フェルトを1枚1枚花びらの形にカットし、円形のベースに外側から中心に向かって取り付けていくというものもあります。

アレンジが簡単なフェルトの花作りを楽しんで

フェルト生地は切りっぱなしでOKなので、扱いやすく、あまり綿密な計画を立てずに作り始めても、後で修正が可能です。花びら次第でいろんな花が表現できるので、自分の好きな花をアレンジするとよいですね。

フェルトは100均という身近なところで手に入るので、花が数個のコサージュを作るだけなら、低予算で済んでしまいます。一見素朴な印象のフェルトでも、形作りの工夫で華やかなコサージュに作れますよ。

また、フェルトで作った花は、コサージュ以外にもさまざまな形に利用できます。小さめに作って、ヘアゴムやヘアピンに取り付けるとかわいらしいですし、数種の花を数多く作ってリース型にしても素敵です。

形のアレンジが簡単で、使い道が豊富なフェルトの花作り、ぜひ楽しんでみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 手作りアクセサリーの作り方

    ハンドメイドでアクセサリー作りに挑戦!簡単ピアスの作り方

  2. Tシャツヤーンでアクセサリーをハンドメイド!簡単作り方を紹介

  3. ヘアアクセサリー

    簡単!流行りの手作り日傘の作り方!

  4. テープ

    「フェイクレザーキット」でレザーの質感を楽しむハンドメイド

  5. アクセサリーの作り方

    ユザワヤ「ナチュラ布ぞうり製作キット」とキーホルダー・ポーチの作り方

  6. ハサミ

    たった5分でハンドメイド!簡単ブレスレットの作り方

  7. 手作り

    初心者簡単!イヤリング・スケルトンリーフ・布ナプキンの作り方

  8. テープ

    自由にハンドメイド!100均のプラバンがおもしろい

  9. ハンドメイド

    リングとバスケットの作り方・マクラメ編みカーテンとタグの作り方