注目の記事 PICK UP!

初心者必見!簡単!スマホケースとキーケースの作り方

手作り

毎日手に持つことの多いものといえばスマホ。日々行動を共にするスマホは、お気に入りのデザインのケースに入れたいものですよね。これ!といったデザインが見つからないなら、ケースを手作りしてしまいましょう。といってもケース本体は市販のものを利用。デコパージュの方法なら、ケースを自分の好きな柄で飾れます。ケース本体やデコパージュ液は100均にも置いてあるので、とても手軽に作成できます。スマホケースをデコパージュする方法をお伝えしましょう。

スマホケースをデコパージュするときに準備するもの

・新しいスマホケース
・デコパージュ液
・筆
・好きな柄のペーパーナプキン
・ハサミ
・カッター

デコパージュするには、ハードタイプのケースが向いています。デコパージュする素材によってはケースの地が透けるので、ホワイトやクリアのものがよいでしょう。ペーパーナプキンは、さまざまな柄があり、薄いので、スマホケースのカーブに合わせて処理しやすい素材です。気に入った柄の布があるなら、それを利用してもOKです。

スマホケースにデコパージュする方法

1. スマホケースのサイズに合わせ、若干余裕を持たせて、ペーパーナプキンをカットします。
2. ペーパーナプキンは2、3重になっているので、分離させ、一番上の印刷してある面を使用します。
3. スマホケースにデコパージュ液を塗ります。ペーパーナプキンをのせ、そっと空気を押し出すように、貼り合わせましょう。
4. 側面をペーパーナプキンで覆い、1ミリ程度裏側に折り込むようにします。カメラの穴等も同様に折り込みましょう。余分なペーパーナプキンはカッターで取り除きます。
5. 液が乾いたら、もう一度ペーパーナプキンの上からデコパージュ液を塗ります。これを2、3度繰り返して、しっかりコーティングしたら、完成です。

自分で印刷した写真もデコパージュできる

デコパージュは専用の液を使って、貼り付け作業を行うもの。デコパージュの代表的な素材はペーパーナプキンですが、そのほかにもいろいろな素材が使え、布やレースなどのほか、写真を用いることも可能です。

写真を使いたい場合は、まず印刷面にデコパージュ液を塗って乾かす作業を数回繰り返します。その後、用紙を水につけておいて、ふやけた紙の部分をそっと取り除きます。印刷面がフィルム状に残るので、それをデコパージュに利用するという方法です。

デコパージュ液の塗り方やフィルムにする作業に丁寧さが必要ですが、家族やペット、好きな風景や柄を自由にスマホケースにできるのは魅力的ですね。全面に写真をデコパージュするのが難しければ、一部に取り入れてみてもよいでしょう。写真用紙ではなく、薄いコピー用紙などに印刷しておくのがポイントです。

その日の気分でチェンジできるスマホケース

ペーパーナプキンや印刷物を使えば、スマホケースをどんなデザインにも着替えさせることができます。お気に入りの柄や自分で撮った写真をデコパージュすると、1点ものの愛着あるスマホカバーとなることでしょう。好きな北欧風ファブリックや、自分でデザインしたものを印刷しても使えるので、デザインにこだわりたい人にはおすすめです。

また、デコパージュした柄に合わせて、ラインストーンなどをあしらうのも素敵です。スマホケースやデコパージュ液は100均でも手に入るので、デコパージュを試してみたいなら手軽に取りかかれます。

たくさん種類を作っておいて、気分でケースをチェンジするのも面白いですね。スマホケースをそろそろ替えたいなというとき、デコパージュをぜひ試してみてくださいね。

今回は作り方が簡単な、ティッシュカバーの作り方をご紹介致します。女性の方は身だしなみとしてポケットティッシュを持ち歩くことも多いと思います。そんな普段から使用する機会の多いティッシュなので、この際自分オリジナルのティッシュカバーをハンドメイドしてみませんか?実はティッシュカバーの作り方は簡単でして余った布のをリメイクする事も出来るんですよ。また自分で一から制作してる為愛着も湧きますので、普段持ち歩くティッシュにもぴったりなんですよ。ではまずはティッシュカバーの作り方に必要な材料から見ていきましょう。

ティッシュカバーの作り方の際に準備するもの

【材料】

・布。
・付け加えたいパーツなど。アップリケやビーズなど
・ポケットティッシュ
ティッシュカバーで必要なのは布だけで作れるんですよ。またこの時布は新しく購入しなくとも余りの布のを使ったりするのも、余り布を残さず利用できますのでオススメです。また、ティッシュケースは手縫いでも十分綺麗に縫えますが、ミシンが使える方はミシンの方が仕上がりの際綺麗になりますし、強度も増しますのでミシンを使える方はそちらを使用して下さい。

ティッシュカバーの作り方

  1. まずはポケットティッシュと布を用意します。
  2. ポケットティッシュと布を横にならべて数センチ余裕を残してカットしていきましょう。
  3. 切り終わったら布の両端を1センチ折って縫いましょう。
  4. 縫い終わったら布を裏返し中心に折り目をつけます。
  5. 両端を中心に合わせ、サイド2センチほどの所は今度は塗っていきましょう。
  6. そうして裏返し、アイロンでシワを伸ばせば簡単ティッシュカバーの作り方の完成です。

ティッシュカバーの作り方ですが、簡単にハンドメイドできましたよね?この様に簡単に作れるのでハンドメイドに自信のない方でもきっと綺麗に仕上がります。シンプルなポケットティッシュもこの様にカバーを付けるだけで印象が全然違いますし、作り方次第でポケットのついた二つ折りのティッシュカバーを作る事も出来ます。

ティッシュカバーの作り方のアドバイス

アレンジ方法としておすすめなのが、上記で説明した通りティッシュカバーの本体に、刺繍でイニシャルを入れたり縁にレースを縫い付ける、またアイロンプリントを貼るなどのアレンジはいかがでしょうか?ただ布を縫って作ったティッシュカバーより更にハンドメイド感が増しますし、何よりひと手間加えた方が見た目も可愛いです。刺繍が苦手な方も最近では様々なデザインの物のアイロンプリントも販売されていますので、より一層オシャレなハンドメイド作品へと仕上げる事が出来ますよ。アレンジ次第で布だけのティッシュカバーが更にオシャレな印象になりますのアレンジの方も楽しんでみて下さいね。

リバティー生地の魅力

リバティー生地とはイギリスのロンドンで設立された生地のメーカーであるリバティー社でプリントされた生地のことで可憐な小花柄のプリントで名を広めました。リバティープリントの生地はリバティー風などの模造のプリント生地に比べて価格が倍ほどもします。簡単にいうとブランドものの生地ということです。鮮やかな繊細な生地は女性にとても人気が高く、リバティープリントの生地を使った布の小物も雑貨店などでよく目にすることでしょう。リバティー社の生地は丁寧に作られているため高級感があり、使う人やハンドメイド作家を魅了する美しい生地なのです。

キーケースを作ってみよう!

リバティープリントの生地を使ってキーケースを作ってみましょう。裏地には無地の綿麻の布を使ったり、織り柄の入った生地を使うとリバティー生地が映えます。

用意する物
・リバティープリントの生地
・裏地
・バイアステープ
・タグ
・薄手のクリアファイル
・厚紙
・キーケース用連金具(作りたいサイズに合わせて4連や6連など)
・スナップボタン
・穴あけポンチ
・金槌

作り方
1.厚紙で仕上がりの型紙を作り、それを元にしてキーケースの曲がる部分をあけながら3つ折りになるように左右と中央の3つのパーツをクリアファイルで作ります。左右の角はアールを付けておきましょう。

2.厚紙で作った型紙を元にリバティー生地と裏地にそれぞれ縫い代を付けてから型を取り切り抜きます。中表に生地を重ね、左右のどちらかにクリアファイルが入るよう返し口を残して周りをぐるっと縫います。

3.縫ったら返し口から表に返して中に左右のクリアファイルを入れ、返し口を閉じます。

4.閉じたらクリアファイルを固定するために縁にステッチをかけます。ミシンでゆっくりとかけてください。

5.中央のクリアファイルを型にしてリバティー生地と裏地を縫い代を付けて切り抜き中表に縫い合わせて表に返してクリアファイルを入れてから口を閉じましょう。

6.中央のパーツに穴あけポンチを使って金具を取り付けるための穴をあけます。

7.穴があいたら金具は取り付けずにまず中央のパーツを2で作った本体に重ねて縫い合わせます。

8.パイピングをします。バイアステープを使って縁をぐるっと囲んだら、クリップなどで挟んで留めながら上下のバイアステープを一緒に縫っていきましょう。このときタグをバイアステープに挟むようにして縫い付けると雑貨店などで売っているようなおしゃれなデザインになります。バイアステープの縫い終わりは端を内側に折り曲げて処理してください。

9.中央のパーツに金具を取り付けて、本体の左右にスナップボタンを取り付ければ完成です。

皮革と組み合わせる

裏地を革にしてリバティー生地を革に縫い付けるだけで作れます。革は適度な硬さがあるのでクリアファイルの芯がいりません。

キーリングにはビニコのリバティーを

キーリングに帯状にカットした生地をループ型に通してキーリングの持ち手を作るにはビニールコーティングのリバティー生地を使うと良いでしょう。理由は2つあります。1つはビニールコーティングしてある生地は適度な硬さがあり、強度があることです。そして、もう1つは切り端の処理が要らないことです。切りっぱなしでもほつれることがないので小さめのパーツを作るときにはとても便利です。カシメで帯を留めれば簡単に作れるのでぜひ作ってみてください。

まとめ

いかがでしょう?簡単ティッシュカバーの作り方と、一手間加えたアレンジ方法をご紹介してきましたが参考になりましたでしょうか?ポケットティッシュをそのまま持ち歩くよりも、オシャレですし、何より自分でハンドメイドした物ですので、愛着も湧いてきませんか?余った布でも十分作ることが出来るのが魅力となっていますので、この機会にあなたもティッシュカバーをハンドメイドしてみましょう。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. まるで本物!100均の造花をつかったハンドメイドアクセ

  2. ハンドメイド

    100均の「スエード調紐」でゆるゆる簡単ハンドメイド

  3. 型紙はA4用紙で簡単にバッグをハンドメイドしよう

  4. 紙粘土タグをハンドメイド!ナチュラルで温かいギフトを。

  5. ピアス

    化粧ポーチの作り方・チュールゴムとバラのコサージュの作り方

  6. 刺繍

    100均のフォトフレームを使った簡単ハンドメイド術

  7. 手作り洋服の作り方

    ハンドメイド初心者でもOK!簡単フェルトアクセサリーの作り方

  8. アクセサリーの作り方

    ユザワヤ「ナチュラ布ぞうり製作キット」とキーホルダー・ポーチの作り方

  9. 愛情たっぷり!100均アイテムでベビートイをハンドメイド