注目の記事 PICK UP!

ハンドメイド初心者でも簡単に作れるトートバッグの作り方

バッグ

ハンドメイド人気が過熱する今、「私も何かハンドメイドで作ってみたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。ハンドメイド初心者だと、何を作ればいいのかわからないという人もいるかもしれません。今回はハンドメイド初心者でも安心して作ることができる、簡単トートバッグの作り方を紹介します。ぜひお気に入りの布で作ってみてくださいね。

まずは材料集めから始めよう

トートバッグを作るために必要な材料を集めることから始めましょう。必要な材料は次のとおりです。

・表の布

・裏地の布

・両面接着タイプの接着芯

・バッグの持ち手用のアクリルテープ(25mm幅)

バッグの表になる布は、やや厚めの布がおすすめです。裏地になる布は厚地は避けやや薄めの生地を選びましょう。接着芯は100円ショップでも購入することができる手芸アイテムで、布と布の間に挟んでアイロンで加熱することで2枚の布を貼り合わせることができます。さらに布の強度をアップさせることもできるだけでなく、簡単に裏地を付けたバッグを作ることができるので用意しておくことをおすすめします。バッグ用のアクリルテープも100円ショップで購入することができます。様々なカラーがあるので、布の色に合わせた持ち手を用意しましょう。

いよいよバッグを作り始めましょう

1.まずは作りたいバッグの大きさに布をカットします。縫い代はサイドと底が1cm、バッグの口は3cmつけます。

2.表地と裏地の間に接着芯を挟んでアイロンで加熱して張り合わせます。布の表側が表面に出るように張り合わせてください。

3.表布を内側に合わせて、サイドから底、そしてサイドとぐるりと縫い合わせましょう。縫い合わせた部分にジグザグミシンをかけると仕上がりが綺麗になります。

4.バッグの口を三つ折りにして縫い合わせます。1cm折ってからさらに2cm折り返し、折り返した際をミシンで縫っていきます。

5.バッグの内側に持ち手を付けます。バッグの大きさにもよりますが、バッグの中心からそれぞれ3cmから6cmを目安に持ち手を取り付けます。アクリルテープのほつれが気になる場合は、ライターで切り口を軽くあぶっておくとほつれを留めることができます。

6.表に返したらトートバッグの完成です。お好みでリボンやワッペンなどの装飾品をつけてオリジナリティをプラスしましょう。

バッグ作りのポイント

綺麗に仕上げるためには、きちんと寸法を測って裁断することや、縫い合わせた後に端ミシンをしっかりかけることがポイントです。持ち手を付ける際にも、左右をしっかり測らないとバランスの悪いバッグになってしまいます。縫い合わせてしまう前に待ち針で仮留めしてみて、実際にバランスを見てから縫い合わせるようにしましょう。

お気に入りの布でハンドメイド

いかがでしたか?今回紹介したトートバッグの作り方は、「裏地付きのバッグを作りたいけど裏地付きは面倒」という人にもおすすめしたい作り方です。簡単に裏地付きのトートバッグを作ることができるので、ワンランクアップしたトートバッグの完成です。お気に入りの布を見つけたら、ぜひ今回紹介したトートバッグをハンドメイドしてみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 100均の「ガラス絵の具」でインテリアに彩りをプラスする方法

  2. 接着剤

    簡単!早い!100均グルーガンでハンドメイドを効率化

  3. チェーン

    100均の材料だけ!タッセルや流行りアイテムをハンドメイド

  4. 接着剤

    「木製クリップ」をマステで変身!簡単ハンドメイド

  5. チェーン

    100均アイテムだけで流行りの「ウッドバーニング」を楽しむ!

  6. テープ

    「フェイクレザーキット」でレザーの質感を楽しむハンドメイド

  7. 手作りアクセサリーの作り方

    ハンドメイド初心者でもOKのピアスの作り方2選

  8. ハンドメイド

    100均の「スエード調紐」でゆるゆる簡単ハンドメイド

  9. 刺繍

    100均のフォトフレームを使った簡単ハンドメイド術