注目の記事 PICK UP!

好みの香りふんわり♪100均ろうそくで作れるアロマキャンドル

handemade

電灯を消し、キャンドルの灯りだけを見つめていると、心が穏やかになるのを感じませんか。キャンドルにアロマの香りを閉じ込めたアロマキャンドルなら、火を灯すとともに心地よい香りが漂って、視覚嗅覚の両面から疲れた心身を癒してくれます。そんなアロマキャンドルは、身近にある100円ショップの材料で、手軽にハンドメイドできるんです。簡単なアロマキャンドルの作り方をご紹介します。

アロマキャンドルを作るために準備するもの

・ろうそく
・クレヨン
・アロマエッセンシャル(香水でも)
・紙コップ
・割り箸
・ハサミ
・カッター
・鍋
・小さな鍋(空き缶)

ろうそくは、100均に置いてあるお仏壇用のものでかまいません。アロマエッセンシャルは、好みのものを1種類か、複数をブレンドしてもよいでしょう。睡眠前に気持ちを落ち着けたいなら、ラベンダーがおすすめ。また、使っていない香水が引き出しの奥に眠っているなら、それを利用できます。

シンプルなアロマキャンドルの作り方

1. ろうそくは湯煎で溶かします。小さな鍋(空き缶)に、ろうそくを折って入れましょう。
2. 一回り大きな鍋にお湯を沸かし、その中に小さな鍋を入れて、ろうそくを溶かしていきます。
3. 好みの色のクレヨンを、カッターで削っておきましょう。
4. ろうそくが溶けたら透明な液体状になり、ろうそくの本数だけ芯が残るので、割り箸で取り出します。
5. 芯のうち1本をキャンドルに使用するので、まっすぐになるよう形を整えておきましょう。ろうが熱くなっているので、気をつけてください。
6. まっすぐになった芯を割り箸の中央あたりにはさみます。割り箸を紙コップの上部に渡して、中に芯を垂らします。
7. 溶けたろうに、削っておいたクレヨン、アロマエッセンシャルを入れ、混ざり合ったら、紙コップに注ぎます。
8. ろうが完全に固まったら、紙コップ、割り箸を取り除きましょう。芯を1センチほど残してハサミでカットし、できあがりです。

手作りキャンドルのポイントとアレンジ方法

ろうそくを直火にかけると、高温になりすぎて発火することがあるので、必ず湯煎するようにします。その点にさえ注意すれば、作る手順そのものは簡単です。

クレヨンで手軽に着色できるため、キャンドルを好きな色にできます。何色か別に作って、ろうを注いでは固めることを繰り返せば、きれいな色の層のあるキャンドルが作れます。配色は前もって考えておくといいですね。ひなまつりやクリスマスなど季節イベントに合わせた配色や、グラデーションも素敵です。

また、紙コップではなく、熱に強いガラス容器を使うのもよいでしょう。ガラス容器の場合は、完成時に取り出す必要がなく、そのままキャンドルの灯りと香りを楽しめます。

アロマキャンドルの灯りと香りで癒しのひとときを

爽やかな香りや甘い香りなど、アロマエッセンシャルはとても種類が豊富です。ハンドメイドのアロマキャンドルでは、好みの色、好みの香りに仕上げることができます。複雑な手順ではないので、ろうの取り扱いに気をつけながら、子どもと一緒に作るのもよいですね。

ほとんどの材料を100円ショップで揃えられて手軽なのに、完成したアロマキャンドルに火を灯せば優雅なひとときを過ごせます。一人のときお風呂や寝室で楽しむのもよいですが、バーベキューやガーデンパーティに用いると、雰囲気を盛り上げてくれますよ。

100均の蓋つきガラス容器は大きさもさまざまでおしゃれです。そういったガラス容器で作れば、持ち運びにも便利ですし、プレゼント用にも最適。自分のために、大切な人のために、アロマキャンドルを手作りしてみてはいかがでしょうか。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    キャンドルを自分好みに作ってみよう!

  2. handemade

    とんぼ玉

  3. 縫物

    簡単に作れるエプロンの作り方

  4. 手作りアクセサリーの作り方

    浴衣をハンドメイドするならどんな生地を選べば良いのか?

  5. handemade

    ハンドメイドで使用するピアスパーツの種類と作り方

  6. handemade

    腕時計パーツを使って手作りの腕時計を作ってみよう

  7. handemade

    小さな緑のあるインテリアに 100均アイテムでテラリウムを楽しもう

  8. 手作りアクセサリーの作り方

    バラエティーに富んだコースターをハンドメイドしよう!

  9. handemade

    センスのいいお部屋作りに!100均アイテムを利用したファブリックパネル